あなたは、自分のちくびの色が黒すぎて…ドキッとした事はありませんか?

初めまして!バストトップケアの担当をしております、スキンケアアドバイザーのまなみです。

この記事では、ちくびをピンクにする様々な方法を紹介しますので、あなたに合う方法を見つけてくださいね。

※この記事はスキンケアアドバイザー監修の記事です。

スキンケアアドバイザーは、「女性のお肌の悩みを解消」する提案のプロです。
(※日本化粧品検定協会参照)。

ちくびの黒ずみは、多くの女性が抱える悩みの一つです。

例えば、ちくびの色が周りの友達と比べて黒ずんでいて、

友達との温泉旅行が恥ずかしくて行けない…
彼氏にちくびを見られたくない…

など、誰にも相談できずに一人で悩んでいる女性も多いです。

そこでこのサイトでは、ちくびの黒ずみで悩んでいるあなたのために、簡単にちくびの色をピンクにする方法をご紹介します。

あなたにあった「ちくびをピンクにする方法」を見つけてくださいね!

ちくびをピンクにする方法で簡単にちくびの色を薄くしよう!

ちくびをピンクにする方法は、民間療法やレーザー治療など様々です。

ちくびの色をピンクにする方法は、大きく4つあります。

ちくびの色を薄くピンクにする方法

  • 生活習慣を見直す
  • 民間療法
  • 医薬部外品
  • 美容外科、皮膚科に通院する
種類 生活習慣 民間療法 医薬部外品 病院
対策 ブラジャーを見直す / ストレスケア など ヨーグルト / バイオイル / 石鹸 など 美白クリーム レーザー治療 / 皮膚科
効果 × ×
即効性 × ×
副作用 ×
費用 ×
メリット 予防効果 予防効果
保湿効果
厚生労働省に、黒ずみに効果があると認可 即効性がある
効果が高い
デメリット 効果を実感しにくい デマ情報が多い
肌荒れの危険性がある
効果を実感できない
即効性がない 費用が高い
副作用のリスクがある
表をみていただけると分かるように、すでに黒ずんでしまったちくびの場合は、生活習慣の改善や民間療法では、効果を実感できないです。

そこで、あなたのちくびの黒ずみがどの程度かをチェックするために、下の画像(ちくびの色の種類)とあなたのちくびを見比べてみてください。

乳首色種類

いかがでしたか?

もし、あなたのちくびが、赤枠で囲っている色に該当する場合は、「乳首専用の美白クリーム」もしくは「美容外科・皮膚科」での治療がおすすめです。

しかし、美容外科や皮膚科で治療する場合は、治療費が高く副作用のリスクがあるので注意が必要です。
効果や即効性は申し分ないので、すぐにちくびの色を薄くピンクにしたい人にオススメです。

そうでない場合は、まずは手軽に自宅で始められる「ちくび専用の美白クリーム」を使うのがオススメです!

赤ワクで囲んでいない程度であれば「民間療法」でOKですよ!

ここからは、

簡単にちくびの色をピンクにする方法として

  • 生活習慣を見直す
  • ちくび専用の美白クリーム
  • オススメできない民間療法(ヨーグルト/ニベア)
  • 美容整形 + 皮膚科

という流れで解説していきます。

生活習慣を見直す

この方法については、普段の生活習慣を見直すことで、ちくびの色を薄くする方法です。

つまり、ちくびの黒ずみの原因を知り、その原因を取り除く方法です。

赤ワクで囲んでいない程度のちくびの方に、オススメの方法です。

以下のちくびの黒ずみの原因が当てはまる場合は、試してみてください。

ちくびの黒ずみの原因

  • 衣服による刺激
  • 刺激の強いボディソープで身体を洗っている
  • 妊娠初期〜産後6ヶ月以内
  • 慢性的なストレスを抱えている

これらが当てはまる場合は、生活習慣を改善することで、ちくびをピンクにすることも可能です。

しかし、即効性はなく効果を実感しにくい場合が多いです。

また、加齢(25歳以上)や学生時代から乳首の色が黒い場合も効果を実感しにくいです。

その場合は、この記事の後半で解説している、スキンケア対策を行うと効果を実感できるのでオススメです。

衣服による刺激

ちくびをピンクにする方法

ちくびは非常にデリケートな部分で、他の部位に比べて刺激に弱く、ブラジャーとの摩擦によって黒くなります。

衣服による刺激のチェック

  • 化学繊維のブラジャーをつけている
  • サイズのあっていないブラジャーをつけている
もし、一つでも当てはまる場合は、ブラジャーを変えることをオススメします。

化学繊維のブラジャーをつけている

ちくびをピンクにする方法 ブラジャー

『ポリエステル』や『アクリル』などの化学繊維は、化学物質が乳首へ刺激を与えている場合があります。

なので、『ポリエステル』や『アクリル』などの化学繊維ではなく、『シルク』や『綿』などの天然繊維がオススメします。

肌触りの良いブラジャーに変えることで、ちくびへの刺激が軽減され、乳首がこれ以上黒くなるのを防ぐことができますよ!

サイズの合っていないブラジャーをつけている

ちくびをピンクにする方法 ブラジャー

ブラジャーはサイズが大きいと、乳首とブラジャーに隙間ができ「バストの揺れで乳首に刺激」が加わります。

また、サイズが小さくても、乳首を締め付けることによって、乳首の黒ずみの原因になります。

もし、自分のサイズが合ってないと感じた場合は、しっかりと自分にあったサイズのブラジャーを着用しましょう。

刺激の強いボディーソープを使って身体を洗っている

ちくびピンクにする方法

ボディーソープは、刺激の強い「合成界面活性剤」が配合されており、あまりオススメできません。

もし、ボディーソープを使っている場合は、天然素材の石鹸に変えてみるのも良いです。

また、ボディブラシでそのまま、ちくびをゴシゴシ洗ったりしていませんか?

ちくびは非常にデリケートな部分です、ちくびを洗うときは、泡で優しく包み込むように洗うようにしてください。

妊娠初期 〜 産後6ヶ月以内

ちくびをピンクにする方法 妊娠

女性は、妊娠すると女性ホルモンの影響で乳首が黒ずみます。授乳の際に赤ちゃんが、乳首を見つけやすくなるように、黒く大きくなると言われています。

しかし、妊娠による乳首の黒ずみは、ホルモンバランスの乱れによって起こる黒ずみなので、産後6ヶ月ぐらいで元の色に戻ります。

あなたがもし、妊娠していたり、産後6ヶ月以内であれば自然にピンク色に戻るので、そこまで心配する必要はありません。

ですが、なかなか色が戻らないという人も多いので、乳首の黒ずみケアを行うといいですよ!

慢性的なストレスを抱えている

ちくびピンクにする方法

ちくびが黒ずむ原因の一つに、ストレスがあります。

ストレスを抱えることで、ホルモンバランスが乱れ、乳首の色が黒ずむ原因になるので注意が必要です。

もしあなたが、「職場」「恋愛」「育児・家事」「人間関係」などでストレスを感じている場合は、乳首の黒ずみの原因になっているかもしれません。

完全にストレスをなくすのは難しいかもしれませんが、ストレス発散やストレスを溜め込まないように心がけてくださいね。

以上、ここまで簡単にちくびをピンクにする方法(生活習慣編)について解説してきました。

比較的に軽度な黒ずみ「薄茶色」ぐらいであれば、生活習慣を変えるだけでも改善されるので、試してみてくださいね!

しかし、黒ずみが酷い場合は、生活習慣を改善するだけで、ちくびの色を薄くするのは難しいです。

私はちくびの黒ずみが酷いから、生活習慣を改善するだけじゃ難しいかも…

なので、これからご紹介する、ちくびのスキンケアと並行して行うと効果を実感することができるのでオススメです!

それでは、ここからは自宅で出来る、簡単にちくびをピンクにする方法をご紹介します!

まずは、ちくび専用の美白クリームについて解説していきます。

ちくび専用の美白クリームでピンクにする方法

ちくび専用の美白クリームについて解説する前に、ちくびをピンクにしたいあなたにぜひ知っておいてほしいことがあります。

それは「なぜ乳首が黒くなってしまうのか?」ということです。

これを知らなきゃ、解消してもまた黒くなるからね…

ここでは根本的な原因について解説していきますので、しっかりとチェックしてくださいね!

乳首は皮膚が薄くて非常にデリケート

ちくびをピンクにする方法

ちくびは他の部位に比べて、皮膚が薄いため、刺激に弱いです。

そんな乳首は、弱い皮膚が剥き出しの状態です。

そこに、衣服との摩擦、ボディーソープの刺激、乾燥などで、ちくびは常に外部からのストレスを受けている状態になっています。

ちくびにストレスがかかるとどうなるの?

皮膚が薄くて弱いちくびに刺激が加わると、刺激からちくびを守るためにお肌はメラニン色素を過剰に分泌します。

メラニン色素とは

メラニンとは、お肌や髪などの「色」を生成している色素のことです。

メラニン色素を生成することで、お肌を守る役割があります。

例えば、「紫外線」や「衣服との摩擦など」によって刺激が加わると、その刺激が内部に伝わり細胞が傷つかないように濃ゆいメラニン色素を分泌します。

ちくびをピンクにする方法

そっか日焼けしても火傷みたいにならないのは、メラニン色素がお肌を守ってくれているからなんだね!

メラニン色素と聞くと「紫外線」のイメージを持つ方が多く、ちくびには関係ないと思う方が多いです。

ですが、実はちくびは衣服の擦れなどよる摩擦によって常に刺激があるため、メラニン色素が作られてしまうわけです。

通常であれば、お肌の内部で作られたメラニン色素は、お肌の生まれ変わり(ターンオーバー)によって、垢と一緒に体外に排出されるので問題ありません。

しかし、ターンオーバーが乱れていると、メラニンが体外に排出されずにお肌に色素が沈着してしまいます。

ターンオーバー

これが顔だと「シミ」になるんだね!

ターンオーバーが乱れる原因は、

  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ
  • お肌の乾燥
  • 加齢

などがあります。

つまり、ちくびの黒ずみの原因は「顔のシミと同じメカニズム」というわけです。

顔のシミと同じように「ちくび専用の美白クリーム」で簡単にケアしてピンクにすることができますよ!

ちくびをピンクにする美白クリームの特徴は3つある

これまでちくびの黒ずみの原因について解説してきましたが、刺激を与えなければ、これ以上乳首が黒くなるのを防ぐことは出来ます。

しかし、民間療法では、既に出来てしまったちくびの黒ずみを解消するのは難しいです。

というのも、「ターンオーバーが乱れているのでメラニン色素を体外に排出できない」「すでに沈着してしまったメラニン色素を薄くすることはできない」からです。

そこで、オススメなのが「ちくび専用の美白クリーム」です。

ちくび専用の美白クリームは以下の効果があります。

  • メラニン色素の生成を抑制する
  • メラニン色素の排出を促す
  • すでに沈着したメラニン色素を薄くする

この3つの効果で、ちくびをピンクにすることができるというわけです。

ちくび専用の美白クリームの選び方

ちくび専用の美白クリームにも、色々な商品があるのでどれを選べばいいのか?迷ってしまいますよね。

ここでは、ちくびの黒ずみに効果がある美白クリームの選び方をご紹介します。

注目ポイントは以下の5点です。

  • 厚生労働省から認可された「美白有効成分」が配合されている
  • 医薬部外品であること
  • 保湿効果があること
  • 低刺激であること
  • 返金保証がついていること

厚生労働省から認可された「美白有効成分」とは?

ちくびの美白専用クリームの効果について解説しましたが、どの成分がいいのかって分からないですよね。

中には美白クリームといっておきながら、全く効果がない成分しか配合されていない…なんてこともあります。

そこで、オススメなのが、厚生労働省から黒ずみに効果があると認可された「美白有効成分」が配合されている美白クリームです。

しっかりと厚生労働省(国)が様々な臨床実験をおこない「効果」や「安全性」などをチェックしています。

実は、審査の基準も厳しく認可されている成分は「20種類」しかないんですよ!

それぞれの「美白有効成分」は主に以下の通りです。

効果 代表的な美白有効成分
メラニンの生成を抑える ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、ルシノール、マグノリグナン、リノール酸、カミツレエキス、プラセンタエキス、エラグ酸、トラネキサム酸、など
メラニンの排出を促す ビタミンC誘導体、リノール酸、プラセンタエキス、など
メラニンの色を薄くする ビタミンC誘導体、コウジ酸、など

これ以外にも、メラニン色素にアプローチできる成分はありますし、「効果がない」というわけではありません。

ちくびは非常にデリケートな部分ですので厚生労働省から認可されている成分は、効果や安全性が保証されているので安心です。

中には美白化粧品といっておきながら、美白成分が入っていない化粧品もあるので、注意してくださいね。

私の使っている化粧品も「ホワイト〇〇」って書いてあるけど、美白成分が入っていないみたい・・・
半年以上使っているのに、美白有効成分が入っていなかったなんて知らなかったわ…

ちくび専用の美白クリームは医薬部外品を選ぶべき

ちくびをピンクにする方法医薬部外品

美白有効成分について解説しましたが、どれが自分に合うのかを探し出すのって難しいですよね。

私もスキンケアアドバイザーの仕事をしているので、結局どれを選べばいいのか分からない…と相談を受けます。

どれがいいか分からないという方は、「医薬部外品」と記載がある美白クリームを選ぶのがオススメですよ!

「医薬部外品」を選ぶべき理由と「化粧品」や「医薬品」と違う点

ちくび専用の美白クリームには「化粧品」「医薬品外部品」「医薬品」 3つの種類があります。

美白クリームの種類 効果
化粧品 有効成分の配合が義務付けられていない。あくまでも美容目的の商品
医薬部外品 医薬品と化粧品の中間。国から認められた有効成分が配合されている
医薬品 病気の治療として使われる

化粧品はあくまでも美容目的として使われ、医薬品は医師の診察、処方箋が必要になります。

簡単にいうと「医薬品」と「化粧品」のいいとこ取りをしたのが「医薬部外品」ってことです!

ちくびをピンクにする方法医薬部外品

医薬部外品は、厚生労働省(国)から認可されている「美白有効成分」が配合されているものだけ記載することができます。

つまり、美白有効成分が100%配合されているものを使いたい場合は、医薬部外品を選べば失敗することはないです!

一方、化粧品はメーカーによって美白効果が変わってきます。

ちくびの黒ずみに効果がある成分が配合されていない商品もあれば、医薬部外品よりも多く配合されている場合もあります。

しかし、注意していただきたいのは、美白成分は適切な量でなければ逆効果で、副作用のリスクもあります。

なので、国が安全性を保証している医薬部外品と比較すると、化粧品はどれが良いのか判断するのは難しいと言うわけです。

「医薬品」の効果と知らないじゃ済まないデメリットとは?

ちくびをピンクにする方法

美容皮膚科などの病院で使われている「医薬品」の美白クリームはどうでしょうか?

薬局やネットで気軽に買える「化粧品」や「医薬部外品」と違い、医師の診察と処方箋が必要となります。

有名なところで言えば、ハイドロキノンは、配合量が5%を超えると医薬品と呼ばれることになります。

ハイドロキノンは、ビタミンCの10倍〜100倍の効果があると言われており、「ちくびの色を薄くピンクにしたい」と思っているあなたにとっては、メリットしかないように思いますよね。

恐ろしい副作用のリスク

  • 赤みや痒み
  • 白斑(ちくびの色が白いまだら模様になる)

などのリスクがあります。

ちくびの色が薄くなったからといって、副作用が起きてしまうと元に戻すのに手術が必要になったりますので、使用する場合は医者と相談した上で使う必要があります。

また、ちくびの色を薄くピンクにする場合は、保険が効かないので「数万円」の費用が必要になります。

なので、最初は国から「効果」と「安全性」が認められている医薬部外品を使ってみるのがオススメですよ!

ちくびのカサカサは黒ずみの原因に…保湿成分も大事なポイント

ちくびピンクにする方法 保湿

ちくび専用の美白クリームを選ぶポイントとして、もう一つ重要なのが「保湿成分」です。

ちくびは皮膚が薄く非常にデリケートな部分で、乾燥しやすいのが特徴です。

乾燥するとお肌のバリア機能が失われ、「ブラジャーの刺激」や「掻いてしまったり」の刺激をもろに受けることになります。

ちくびをピンクにする方法 保湿

保湿のポイントとしては、液体に比べてクリームタイプの方が保湿効果が高いので、クリームタイプを選ぶのがオススメですよ!

お肌に優しい成分であること

ちくびは非常にデリケートで、皮膚が薄いため刺激が強い成分を塗ってしまうと、お肌トラブルの原因になります。

お肌に優しいクリームを選ぶようにすることで、ちくびのトラブルを防ぐことが出来ます。

たまに、「乳首の黒ずみ」の原因が「メラニン色素」だと知って、市販の美白クリームを塗っちゃう人がいますが、危険なので真似しないでくださいね。

市販の美白クリームは効果がないだけでなく、乳首が荒れたりトラブルになるので注意してくださいね!

返金保証

たとえお肌に優しい乳首専用の美白クリームを使っていても、お肌に合わない場合もあります。

その場合にオススメなのは「返金保証付きの乳首専用の美白クリーム」で試すことです。

返金保証がついているってことは、それだけ商品に自信があるってことだね!

 

オススメの乳首専用の美白クリームはこちら

  • 厚生労働省から認可された「美白有効成分」が配合されている
  • 医薬部外品であること
  • 保湿効果があること
  • 低刺激であること
  • 返金保証がついていること

以上の条件を踏まえた上でオススメな乳首専用の美白クリームをご紹介します。

\おすすめはこれ!/

ホスピピュア

ホスピピュア

女性から大人気!医師の目線で開発されたちくび専用クリーム

✅湘南美容外科と共同開発!
✅雑誌やコスメサイトに多数掲載!
✅乳首ケア成分「トラベキサム酸」配合!
✅メラニン対策の乳首ケア成分を複数配合
✅肌サイクルを整えるサイヨウナシ果汁エキス、保湿成分シアバター、スクワラン配合

美白効果 黒ずみ予防 保湿効果 美肌効果
低刺激 コスパ 口コミ 総合評価
 
種類 単品購入 定期購入
価格 9,720円 9,720円

5,940円(39%OFF)
1日あたり 324円 198円
最低継続回数 - 3回
配送料 全国送料無料 全国送料無料
返金保証 なし 90日間返金保証

\ホスピピュアの口コミをチェック/

ホスピピュアの口コミ

ホスピピュアが選ばれる5つのポイント

  • 医師オススメ「湘南美容外科クリニック」の開発
  • 厚生労働省から認可された医薬部外品
  • 効果に自信がある!90日間の返金保証付き
  • 自宅で簡単にケアできる
  • 黒ずみだけじゃない!保湿効果でふっくらバストに!
厚生労働省に認可され、医師オススメのホスピピュアであれば、安心してちくびをピンクにすることができますね!

ちくびの色を薄くピンクにするクリーム ランキング

2位以降もチェックしたい方はこちら

【簡単にちくびをピンクにする方法】
ちくびの色を薄くするクリーム ランキング2位

ホワイトラグジュアリープレミアム

✅モンドセレクション銀賞受賞
✅使ってみたいバストトップケア商品 第1位!
✅有名なテレビや女性雑誌で紹介あり!
✅医学誌に掲載実績あり!

美白効果 黒ずみ予防 保湿効果 美肌効果
低刺激 コスパ 口コミ 総合評価
 
種類 単品購入 定期購入
価格 9,980円 9,980円

5,980円(40%OFF)
1日あたり 333円 199円
最低継続回数 - 3回
配送料 540円 全国送料無料
返金保証 なし なし

 

\ホワイトラグジュアリーの口コミをチェック/

ホワイトラグジュアリープレミアムの口コミ

【簡単にちくびをピンクにする方法】
ちくびの色を薄くするクリーム ランキング3位

薬用イビサクリーム

✅「デリケートゾーンクリーム人気NO.1」獲得
✅無添加処方(合成香料、着色料、アルコールフリー)
✅日本国内での製造で品質安全共に安心
✅シンプルなデザイン

美白効果 黒ずみ予防 保湿効果 美肌効果
低刺激 コスパ 口コミ 総合評価
 
種類 単品購入 定期購入
価格 7,560円 7,560円

5,368円(29%OFF)
1日あたり 252円 179円
最低継続回数 - 2回
配送料 360円 全国送料無料
返金保証 なし 60日間返金保証

ちくびをピンクにする方法として市販の美白クリームは危険!

ちくびピンクにする方法 市販

ここまでの説明で、ちくびの黒ずみは、美白クリームで解消できるということが分かったと思います。

では、市販されている「美白クリーム」を使っても問題ないのでしょうか?

結論からお伝えすると、顔や身体向けに作られた市販の美白クリームを、乳首に塗るのは危険です。

というのも、市販の美白クリームはちくびに塗るために作られていないため、乳首には刺激が強すぎる成分も配合されています。

そんなクリームを皮膚の薄いデリケートな乳首に塗るとどうなるか分かりますよね?

黒ずみが悪化したり、赤みやかゆみなどのトラブルを引き起こす原因になりますので、ちくび専用の美白クリームを使うようにしましょう。

オススメできなちくびをピンクにする方法

続いてはオススメできない民間療法を解説していきます。

ここまで読んだ方であれば、なぜオススメできないのか分かると思いますが、念のためにご紹介しておきますね!

オススメできない民間療法

  • ヨーグルト
  • ニベアクリーム
  • ケシミンクリーム
  • リップクリーム
  • バイオイル
  • ルミキシル
  • オロナイン
  • アットノン
  • 石鹸

これらの方法の中で、見たり聞いたりしたことがある方法もあるのではないでしょうか?

中には、ちくびをピンクにする方法として「効果がある」「安全」などという紹介をされているケースもよく目にします。

しかし、全部真っ赤なウソなので、決して試したりしないようにしてくださいね!

ヨーグルトを使ってちくびをピンクにする方法

ちくびをピンクにする方法 ヨーグルト

効果 即効性 費用 リスク
   

叶姉妹がヨーグルトでパックしていることから、有名になった方法が「ヨーグルトパック」です。

しかし、黒ずみに効果はなく、危険性もあるのでオススメできません。

ヨーグルトパックの効果

ヨーグルトパックとは、ヨーグルトの上澄み(ホエー)を乳首に塗ってケアする方法で「ターンオーバー促進」と「保湿効果」があります。

しかし、乳首の黒ずみは「メラニン色素」が原因であるため、黒ずみをケアすることはできません

ターンオーバー促進効果はありますが、これ以上乳首が黒くならないための予防効果程度ですね

ヨーグルトパックの危険性

予防効果として使っても問題ないのか?と言われると、オススメできません。

というのも、ヨーグルトは食用であり、乳首に塗るために作られているわけではありません。

そんなヨーグルトを乳首に塗ると「刺激」や「ストレス」になり、余計に黒ずんでしまうケースもあります。

また、実際にヨーグルトでパックして肌荒れした方もいます。

ヨーグルトパックで肌荒れした人の口コミ

ヨーグルトパックでお肌がボロボロになった…

ヨーグルトが美肌効果があると聞いて、顔パックとして使っていました。
ですが、敏感肌のせいか、お肌が荒れてボロボロになっちゃいました。
赤みやかゆみが止まらず、ニキビが大量発生してしまいました。

乳首に塗るのは危険だね…

ニベアクリームを使ってちくびをピンクにする方法

ちくびをピンクにする方法 ニベアクリーム

効果 即効性 費用 リスク
   

お肌ケアとして有名な「ニベアクリーム」

顔や全身に使えることから「万能なクリーム」として人気なため、ちくびケアに使おうとしている方も多いのではないでしょうか?

しかし、美白効果はない上に、乳首に塗るのは危険なのでオススメできません。

ニベアクリームの効果

ニベアクリームの効果は、「ターンオーバー促進」と「保湿効果」です。

なので「メラニン色素」が原因である乳首の黒ずみケアには効果がありません。

もちろんターンオーバーを促すことはできますが、すでに黒ずんでしまった乳首には効果はありません。

ニベアクリームの危険性

市販のクリームやヨーグルトと同じように「ニベアクリーム」も乳首に塗るために作られていません。

そんなニベアクリームの成分が刺激になり、余計に黒ずんでしまうケースもあります。

また、実際にニベアクリームで乳首が

ニベアを乳首に塗った方の口コミ

ニベアを乳首に塗って赤みや痒みが発生

ニベアを乳首に塗れば、ピンクになると聞き試してみました。
保湿効果があるのにも関わらず、乳首の皮が剥けるようになりました・・・
私には合わないかったのか、赤みもかゆみも出てきたので、使用を中止しました。

ニベアだからって安心できないのね…

皮膚科でちくびをピンクにする方法

もし、先ほど紹介した「乳首専用の美白クリーム」を使って効果を実感できない場合や、すぐにちくびの色を薄くしたい場合は、皮膚科や美容外科に治療する方法しかありません。

効果や即効性もありますが、費用や副作用のリスクが大きいため、乳首専用のクリームで効果が出ない方や、今すぐちくびの色を薄くしたいという方にオススメの方法です。

費用やリスクは怖いかも…

皮膚科での治療法は2つあります。

  1. ハイドロキノン
  2. トレチノイン

以上の2つです。

1つづつ解説していきますね!

ハイドロキノンでちくびの黒ずみをケア

効果 即効性 費用 リスク
       

美容外科と比べて比較的に簡単にできるのが皮膚科での薬剤治療です。

色素沈着が原因である「乳首の黒ずみ」に効果的な「ハイドロキノン」と呼ばれる脱色剤を使ってちくびの黒ずみをケアします。

ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンとは「肌の漂白剤」と呼ばれるぐらい非常に危険な薬品で、ビタミンCの10倍〜100倍の効果があると言われています。

また、すでに出来てしまったメラニン色素を薄くする効果もあり、乳首の黒ずみに効果的です。

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンは効果も高く即効性もあるのですが、以下のような副作用があります。

  • 赤み、かゆみ、炎症
  • 白斑(白いまだら模様ができる)
  • 色素沈着(乳首の黒ずみの悪化)

皮膚の薄い乳首に塗ると、逆に刺激になり「乳首の黒ずみが悪化」してしまう場合があるの取り扱いに注意しましょう。

また、白斑「お肌が白いまだら模様」になってしまう危険性もあるので、医師の指導もとで使用するようにしましょう。

乳首に塗るのは怖いかも…

トレチノインでちくびの黒ずみをケア

効果 即効性 費用 リスク
       

皮膚科で治療する場合は、ハイドロキノンの他に「トレチノイン」という成分でケアする方法があります。

トレチノインの効果

ハイドロキノンが、メラニン色素に直接アプローチするのに対して、トレチノインは、お肌の生まれ変わり(ターンオーバー)で乳首の黒ずみをケアします。

既に出来てしまった乳首の黒ずみに対しての効果は薄い為、「ハイドロキノン」と併用して使用されることが多いです。

トレチノインの副作用

ハイドロキノンと同じように、トレチノインも以下のような副作用があります。

  • 赤み、かゆみ、炎症
  • 白斑(白いまだら模様ができる)
  • 色素沈着(乳首の黒ずみの悪化)

ハイドロキノンと同じように、医師の指導もとで使用するようにしましょう。

万が一の場合は「医薬品副作用救済制度」を利用しよう

ちくびをピンクにする方法

また、皮膚科で治療する場合に覚えておいて欲しいことがあるので、ご紹介しますね!

皮膚科で処方されている「ハイドロキノン」や「トレチノイン」は「医薬品」という扱いになります。

市販されているものは「医薬品」じゃないので注意してくださいね!

先ほど説明したように医薬品を使う場合は「副作用のリスク」が大きいため、「医薬品副作用救済制度」が設けられています。

医薬品を使って以下のようのな副作用が出た場合は、医療費などの給付してくれる制度です。

  • 入院治療を必要とする程度の健康被害を受けた場合の治療費
  • 日常生活に障害が出た場合
  • 死亡した場合
できるだけ医薬品は使わない方が良いのですが、最悪の場合の為に覚えておいて損はないですよ!

美容整形外科でちくびをピンクにする方法

皮膚科や乳首専用の美白クリームを使って効果がない場合や、すぐに乳首の黒ずみを解消したい場合にオススメの方法です。

「乳首の黒ずみ」に効果的な「ピコレーザー」と呼ばれる「光レーザー」を照射しちくびの黒ずみをケアする方法です。

レーザー治療でちくびの黒ずみをケア

効果 即効性 費用 リスク
       

ちくびをピンクにする方法の中で最も即効性があるのが「レーザー治療」です。

レーザー治療の効果

レーザー治療とは「ちくびの黒ずみ」である「メラニン色素」を破壊する光をちくびに照射する方法です。

既に出来てしまった乳首の黒ずみでも「レーザー」を当てることで破壊し、ちくびをピンクにすることができます。

レーザー治療の費用と注意点

効果や即効性はピカイチなのですが、費用が「数十万円」と高額な上、なんども通院する必要があります。

また、効果の持続性がないので、再発するリスクが高いです。

再発すると、その度にレーザー治療かぁ…
あくまでも最終手段として考え、まずは「乳首専用の美白クリーム」でケアしましょう!

 

ちくびの色を薄くピンクにする方法まとめ

ちくびの色をピンクにする方法について、詳しく解説してきましたが、いかがでしたか?

効果がない方法や危険な方法もたくさんあるので、しっかりと正しい方法でケアしてくださいね!

どれがいいのか分からない?という方は、「ちくび専用の美白クリーム」でケアしてみることがオススメです!

中でも、「ノーリスク」で試せる返金保証付きのホスピピュアがオススメです。

副作用や費用が気にならない方であれば、皮膚科や美容整形での治療もいいですよ!

更新日:

Copyright© 【簡単】ちくびをピンクにする7つの方法|乳首の黒ずみを自宅で解消! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.