ちくびをピンクにする方法

【バイオイル】ちくびの黒ずみに効果は?バストトップに使うのは危険?

更新日:

 

「バイオイル」がちくびの黒ずみに効果があると言われていますが、本当にちくびの色や黒ずみが薄くなるのでしょうか。

 

結論から申し上げると、バイオイルには美容成分はたっぷり含まれているのですが、ちくびの色や黒ずみを薄くしたい場合は、他の方法で対策した方が良いという結果が分かりました。

 

そこで、この記事では「バイオイル」がなぜ黒ずみにはおすすめ出来ないのか?ちくびの黒ずみ対策には何が良いのかについてご説明します。

 

この記事は「バイオイルの効果」「ちくびの色や黒ずみを薄くする方法」について以下の流れてご説明します。

 

なぜバイオイルは効果があるとの噂があるのか?

美白効果が高いオイルということで人気のバイオイルですが、なぜバイオイルがちくびの黒ずみに効果があると言われているのでしょうか?

 

それはバイオイルには以下の2つの効果があるからです。

1. お肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進してくれる

2. 浸透力が優れており、お肌の保湿効果が高い

 

では、それぞれどのような効果があるのか詳しく説明していきます。

 

その前に、バイオイルの成分についても記載しておきます。

バイオイルの全成分
ミネラルオイル,トリイソノナノイン,エチルヘキサン酸セテアリル,ミリスチン酸イソプロピル,パルミチン酸レチノール,酢酸トコフェロール,ラベンダー油,ローズマリー油,ローマカミツレ花油,ビサボロール,トウキンセンカ花エキス,ダイズ油,ヒマワリ種子油,BHT,香料,赤225

 

バイオイルの全成分とそれぞれの効果

バイオイル成分表
ミネラルオイル肌への一次刺激が少なく、赤ちゃんにも使えることから、赤ちゃん用の保湿オイルとしても使用されており、肌が乾燥することを防ぎます。

トリイソノナノインお肌からの水分の蒸発を防ぐ効果があり、保湿剤や油剤として使用されています。

エチルヘキサン酸セテアリルお肌の表面に保湿効果のある膜をはり、お肌が乾燥するのを防ぎます。

ミリスチン酸イソプロピルお肌へ浸透しやすく、サラッとしており、お肌への感触を整える、感触剤として使用されます。

パルミチン酸レチノールコラーゲンやエラスチンなどを作ることを促し、シワ、くすみ、乾燥によって出来る小ジワを防ぎます。

酢酸トコフェロール抗炎症作用を持っており、お肌のトラブル(炎症、肌荒れ、ニキビ)などを防ぎます。またお肌の活性作用、血行促進作用を持っています。

ラベンダー油抗炎症、消毒作用、鎮痛作用を持っており、肌荒れやお肌の傷の修復をサポートしてくれます。

ローズマリー油お肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進し、肌にハリとツヤを与えてくれます。

ローマカミツレ花油保湿作用、抗炎症作用を持っており、お肌に潤いを与え、かゆみや肌荒れを防ぎます。

ビサボロールメラニンの生成を抑制、保湿効果を持っており、黒ずみを予防するのに役立ちます。

トウキンセンカ花エキス保湿効果を持っており、お肌に潤いを与えてくれます。刺激も弱く敏感肌用の化粧品にも使われています。

ダイズ油お肌の表面を保護する効果、お肌を柔らかくする効果を持っており、お肌の調子を整えます。

ヒマワリ種子油お肌への浸透性に優れており、しっとりとした潤いを持続させます。ビタミンEもたくさん含まれており細胞を保護してくれます。

ステアリン酸Mg水分と油分を混じり合わせる効果があり、乳化剤として使われています。

BHTオイルの腐敗や変色を防ぐ効果があり、酸化防止剤として使われています。

香料化粧品に香りを与えるために使われている成分です。

赤225タール色素と呼ばれる、石油から生成された合成色素になります。

※成分表は上から順に含有量を多く含む順番に記載しております。
(配合量が1%以下の場合は順不同)

 

お肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進する

ターンオーバー

 

「ターンオーバー」とはお肌の新陳代謝のことで、古い角質が垢と一緒に剥がれ落ち、お肌が新しく生まれ変わり入れ替わることを指します。

 

仮に黒ずみが出来ても、ターンオーバーによって古い角質(黒ずみ)が垢と一緒に剥がれ落ちることで解消されます。日焼けした後に肌が剥がれて、徐々に白い肌に戻ることをイメージすると分かりやすいかもしれません。

 

しかし、加齢、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどによって、お肌のターンオーバーが正常に行われずに、メラニン色素が肌に沈着し黒ずみが解消されない場合があります。

 

そこで黒ずみを解消するには、ターンオーバーを正常化させる必要があるのですが、「バイオイル」には、お肌のターンオーバーを促す効果があります。よって「バイオイル」をお肌に塗ることによって、お肌のターンオーバーが正常化し、黒ずみが剥がれ落ちるように促してくれるのです。

 

しかし、日焼けした肌が白く戻るのに時間がかかるように、ターンオーバーは若い人で約28日、30代、40代となると、40日以上かかるとも言われているので、継続して使用する必要があります。

 

優れた浸透力でお肌を保湿

 

「バイオイル」には「ミネラルオイル」「トリイソノナノイン」などお肌から水分が蒸発するのを防いでくれる保湿効果に優れた成分が配合されています。

 

また「パルミチン酸レチノール」にはコラーゲンやエラスチンなどを生成するのを促進してくれるので、お肌の環境を整えながら、お肌が乾燥するのを防ぎ、高い保湿効果を得ることが出来ます。

 

よって、ちくびやお肌の乾燥を防ぎ、お肌のターンオーバーを促進することで、正常な肌へと導いてくれます

 

バイオイルには黒ずみの原因を解決することには特化していない

「バイオイル」には黒ずみの原因となる(メラニン色素)の生成を抑制する成分が1種類しか配合されていません。(ビサボロール)

 

黒ずみを改善する(美白ケア製品)であれば、通常有効成分ということで、含有量が多いことが特徴です。

 

しかし「バイオイル」では、保湿成分の含有量が多くメインを占めており、美白成分である(ビサボロール)は少ないということが分かりました。

 

最も危険!お肌への負担が高い成分が配合!?

ちくび専用の黒ずみケアクリームは、お肌を刺激を与えないように、無添加(無香料、着色料フリー、アルコールフリーなど)なのが普通です。

 

しかし「バイオイル」にはお肌の刺激の原因となる成分が配合されています。。。

成分名配合の有無
香料アレルギーを引き起こす可能性があります。

着色料黒皮症(黒いシミが出来る)を引き起こす危険性を持っております。

BHT有害性が強く、皮膚、神経に影響があり、アレルギーを引き起こす可能性もあります。

 

ちくびの黒ずみは、上記で説明したターンオーバー(新陳代謝)が正常に働いていない場合が多く、これらの添加物が含まれているオイルを塗ることで、ちくびの黒ずみを悪化させる可能性もあります。

 

また、お肌の保湿として使用する場合も、アレルギーを持っている方や、敏感肌の方の使用はなるべく避けた方が良いです。使用する場合は、パッチテストを行うようにして下さい。

 

全身に使えるとは言え、安易な考えでちくびなど非常にデリケートな部分への使用は危険ですね。

 

また、口コミにも、黒ずみに対しての効果はなかったという方がほとんどでした。

 

さらに、赤みやかゆみが発生し、お肌にブツブツが出来たとの声もありました。

 

「バイオイル」の効果まとめ

これまで説明したように「保湿効果」「ターンオーバー促進効果」として使用する分には良い製品だと言えます。

 

保湿効果でお肌への刺激を防いだり、ターンオーバーを正常に戻し、黒ずみを排出したりすることも可能なので、黒ずみに対しても効果を実感することは出来ます。

 

ですが、これらの効果は黒ずみの根本的な原因を解決するわけではなく、あくまで予防程度と言えます。

 

長期間塗り続けて、ストレス、食生活、ホルモンバランスの乱れなどを徹底的に改善すれば、徐々にちくびの色や黒ずみが薄くなってくると思います。ですが、すでに黒くなったちくびの色を薄くする効果はあまり期待できないので、他の対策を取る方が良いです。

 

また、お肌にも危険な成分が微量ながらも含まれており、逆に黒ずみを作ってしまう原因になる可能性もあります。

 

また最近では、無添加で副作用もなく安心安全な「ちくびの黒ずみ専用の美容クリーム」も登場しています。

 

わざわざ危険を冒してまで「バイオイル」を使うよりも、ちくび専用の美容クリームを使用するのが、ちくびの色や黒ずみを薄くするのには、一番安全で近道になります。

 

【ちくびをピンクにする方法】乳首の黒ずみに効くクリームはコレ!

ちくびの黒ずみを正しい方法で、安心安全にしっかりと治したい方は、ちくびの黒ずみ専用クリームを使うのがおすすめです。

 

ちくびの黒ずみ専用クリームの4つの特徴

  • メラニンの生成を抑制する有効成分が含まれている
  • メラニンを薄くする美白成分がある
  • 皮膚の健康を守る保湿成分
  • お肌のターンオーバー(新陳代謝)を正常に戻す成分

 

上記の4つの成分が配合されているので、すでに出来てしまったちくびの黒ずみにも効果があり、さらにちくびの黒ずみが出来にくいお肌へと導いてくれます。

 

また、乳首は非常にデリケートな箇所なので、日本人の肌に合うように美容外科の医師の指導のもと作られたものもあるので、安心して使用することができます。

 

ちくびの黒ずみが気になっている方は、一度試してみると良いクリームですよ!

 

-ちくびをピンクにする方法

Copyright© 【ちくびをピンクにする方法】簡単にちくびの色を薄くするクリーム! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.