ちくびをピンクにする方法

【ちくびをピンクにする方法】市販品No.1のちくびをきれいにする方法!

更新日:

ちくびをピンクにする方法(市販品)

 

ちくびの黒ずみケアって、友達や家族ましてや彼氏に相談となると難しい悩みの一つですよね。。。
それにちくびの色が黒いだけで「汚い」「遊び人だ」「老けて見える」などマイナスで捉える方が多いようです。

 

実は私も以前は、ちくびの黒ずみで悩んでいたのですが、市販品でちくびの色を薄くピンクにすることが出来ました。

 

そこで、この記事では同じくちくびの黒ずみで悩んでいるあなたに、私が体験したことはもちろん「お医者さんへの相談」「専門書籍」「信頼性の高いWEBサイト」などをもとに

 

徹底調査し導き出した・・・

 

「ちくびをピンクにする方法」市販品で出来る方法をご紹介します。

 

ちくびをピンクにする方法!市販品できる2つの方法!

【ちくびをピンクにする方法】市販品で実践できる方法を大きく分けると以下の2つになります。

 

1. 民間療法

2. 医薬部外品

 

インターネットには、ちくびをピンクにする方法として、市販品でも効果があるなど、色々と紹介されていますが、ちくびの黒ずみについては、ほぼ効果がない方法も紹介されています。

 

ちくびは非常にデリケートな部分なので、間違った方法でケアすると、逆にちくびが黒ずんでしまう原因にもなりますので、正しい方法で、本当に効果があるもので実践するようにしましょう。

 

では、ちくびをピンクにする方法として市販品で効果があるのはどれなのでしょうか?

 

ネットにある、ちくびをピンクにする方法(市販品)で効果があると噂のある方法についてまとめました!

 

 方法おすすめ度効果副作用敏感肌安全性費用即効性
医薬部外品美白クリーム
民間療法バイオイル-
ニベアクリーム(青缶)-
オロナイン-
アットノン-

 

上記の図を見て頂いたら分かる通り、民間療法の4つの方法は、黒ずみについての効果はあまりなく、ちくびの黒ずみを改善するほどの効果を持っていないので、おすすめ出来ません。

 

では、それぞれの特徴について説明していきます。

 

【ちくびをピンクにする方法】市販品:乳首専用の美容クリーム

commercial_goods

市販品という手軽さはもちろん!国から認められた医薬部外品で効果も安全性もNo. 1!

 

【ちくびをピンクにする方法】市販品として一番おすすめなのは、ちくびの黒ずみ専用の美白クリームを使用することです。

 

厚生労働省に"黒ずみ"に効果があると認可された成分が入っているので、美白効果もあり効果を実感できます。

 

黒ずみに効果がある成分

✅メラニン色素の生成を抑える成分

✅肌のターンオーバー(※)を促進する成分

(※)肌が生まれ変わる周期

 

"黒ずみ"に特化したクリームなので、予防はもちろん、すでに出来てしまった、ちくびの黒ずみにも効果あり!

 

乳首専用のクリームを使った人の口コミ

24歳 OL / 3ヶ月で効果が出た!
3ヶ月ちくびにヌリヌリして使ってみたら、色がピンクになったよ。 伸びも良いので日持ちするからコスパも結構良いのでオススメ!

 

21歳 女子大生 / 2ヶ月でちくびがピンクに!
実家暮らしなので、プライバシー配送で良かった!家族、彼氏、友達にバレずに使うことに成功!

2ヶ月使ってみたら、ちくびがピンク色になって彼氏にビックリされたよ!笑

 

34歳 主婦 / 今では全身に使っています!
2ヶ月過ぎたぐらいから徐々にではありますが、黒ずみが薄くなっていくような感じがしました。

3ヶ月ぐらいしたら、だいぶ色が薄くなって、今では全身に塗りに塗りまくってます。笑

 

乳首の黒ずみが気になっている方は、一度試してみると良いクリームですよ!

 

 

【ちくびをピンクにする方法】市販品で効果がない製品

インターネットには「ちくびをピンクにする方法」ということで、いろんな市販品や民間療法が紹介されていますが、実はあまり効果がありません。

 

あまり効果に期待できない市販品

1. バイオイル

2. オロナイン

3. ニベアクリーム

4. アットノン

 

これらの製品は、保湿効果や美肌成分によって、健康的な肌を作るのには優れているのですが、黒ずみの原因である(メラニン色素)の生成を抑制するのに特化した成分が含まれていません。

 

と言っても全く効果がないことではありません。

 

お肌のターンオーバー(新陳代謝)を促す成分も入っているので、予防対策としては使えますが、ちくびの色を薄くすることは難しいです。

 

しかし、これらの商品は、ちくび向けに作られていませんので、注意が必要です。
ちくびやデリケートゾーンに使う製品は、無添加で赤ちゃんの肌にも使える商品がほとんどなのですが、これらの製品は、刺激の強い成分も含まれています。

 

ちくびは非常にデリケートな部分ですので、使用することで逆に黒ずみが悪化してしまう危険性もあり、実際に使用して「赤み」や「かゆみ」が発生したという口コミもありました

 

使用する場合は、パッチテストを行ってから使用するようにしてください。

 

安心に安全にちくびをピンクにしたい場合は、1度ちくび専用クリームを試してみるのも良いですね。

 

また、ちくびの黒ずみが出来る原因についてもご紹介しておきますので、参考にしてみてください。

 

【ちくび 黒ずみ 原因】ってなに?

ちくびの色は「メラニン色素」の量や比率などによってお肌の色が決まるのですが、ちくびの色もメラニン色素によって生まれつきある程度決まっています。

 

ですが、人生の様々なライフイベントによって、ちくびが濃ゆくなっていくのです。

 

ちくびが黒くなる原因は、大きく以下の5つです。

1. 摩擦・刺激

2. 加齢

3. 妊娠

4. ホルモンバランスの乱れ

5. 紫外線

 

ちくびの黒ずみ原因①摩擦・刺激

 

黒ずみの原因である(メラニン色素)は、外部の刺激からお肌を守るために作られる色素になります。

 

ですので、日々何気なく生活していても、

・下着や衣服による摩擦からの刺激
・お風呂で体を洗うときの刺激

 

などでちくびが刺激されることによって、メラニン色素を生成するようになり、黒ずみが発生してしまうのです。

 

ちくびの黒ずみ原因②加齢

 

お肌は日々生まれ変わっており、古い細胞が剥がれ落ち、新しい細胞へ生まれ変わっています。
これをターンオーバー(お肌の新陳代謝)と呼ぶのですが、加齢によってターンオーバーの周期が徐々に遅れてきます。

 

20代で約28日ぐらいと言われいてるのですが、30代40代となると、40日以上かかるようになります。

 

通常であれば、日々のターンオーバーによって、黒ずみのある細胞は剥がれ落ち、新しい細胞へと生まれ変わっていくのですが、加齢によってターンオーバーが追いつかずに、メラニン色素(黒ずみの原因)がちくびに沈着していきます。結果黒い乳首になってしまうのです。

 

ちくびの黒ずみ原因③妊娠・出産

 

実は妊娠するとちくびが黒くなるのです。
というのも、妊娠すると女性ホルモンの1つである「プロゲステロン」の分泌が活発になります。

 

「プロゲステロン」はメラニン色素を生成する細胞「メラノサイト」を刺激する働きがあり、妊娠によって増えた「プロゲステロン」が「メラノサイト」を刺激することによって、メラニンが生成されます。結果、ちくびが黒くなってしまうのです。

 

また、赤ちゃんが産まれる前の準備とも言われており、授乳する際に赤ちゃんがちくびを見つけやすいように、黒く大きくなるとも言われています。

 

妊娠や出産で黒くなったちくびは、大体産後から6ヶ月ぐらいで元に戻るとも言われていますが、ケアを怠るとずっと黒ずんだままの方が多いです。

 

しっかりと、ちくびの色が薄く戻るように、出産後にしっかりとケアをした方がいいですね。

 

ちくびの黒ずみ原因④ホルモンバランスの乱れ

 

妊娠の際にも説明しましたが、ホルモンバランスによって、ちくびが黒くなります。
日々の生活習慣の悪化、ストレス、睡眠不足が続くと、ホルモンバランスが乱れて、ちくびが黒くなると言われています。

 

しっかりとした生活習慣を送ることを心がけましょう。

 

ちくびの黒ずみ原因⑤紫外線

紫外線

 

紫外線と聞くと、お肌の日焼けをイメージすると思いますが、実は服を着ていてもお肌に影響があります。というのも、目から紫外線が入ることで、メラニン色素を生成が活発になるからです。日中日差しを浴びる場合が多い方は、飲む日焼け止めなどもありますので、そちらを使うのもいいかもしれませんね。

 

以上この5つがちくびが黒くなる原因でした。

 

様々な要因はありましたが、ちくびの黒ずみの原因の根本は「メラニン色素」の発生が原因と言えます。

 

つまり、メラニン色素の生成を抑制すると、ちくびの黒ずみは解消されるということです。

 

【ちくびをピンクにする方法】市販品まとめ

ちくびの黒ずみの原因は、刺激・摩擦・ホルモンバランスの乱れによって発生する「メラニン色素」が原因であることが分かり、ちくびの原因を解決するためには、メラニン色素の生成を抑制する必要があるということが分かりました。

 

しかし、黒ずみに特化した(メラニン色素生成を抑える)成分は、多くの市販品には入っておらず、「乳首専用美容クリーム」だけに配合されているということが分かりました。

 

結果【ちくびをピンクにする方法】で市販品の中で一番効果があるものは「乳首専用の美容クリーム」だという結果になりました。

 

乳首の黒ずみが気になっている方は、一度試してみると良いクリームですよ!

 

-ちくびをピンクにする方法

Copyright© 【ちくびをピンクにする方法】簡単にちくびの色を薄くするクリーム! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.