ちくびをピンクにする方法

ちくびの黒ずみは美容外科?|乳首の黒ずみに効くピコレーザーとは?

更新日:

ちくびの黒ずみは、美容外科で行える「ピコレーザー」「ピコレーザートレーニング」によって解消することが可能です。

専門も美容皮膚科や美容外科で受診することができるのですが、ちくびは非常にデリケートな部分なので、安全に治療をしたいですよね。

そこで、本記事では、ちくびの黒ずみを美容外科で解消したいと思っている方のために、美容外科で行われる治療法「ピコレーザー」「ピコトレーニング」について詳しく解説していきます。

 

ちくびの黒ずみを美容外科で治療を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

 

ちくびの色や黒ずみを薄くする「ピコレーザー」とは?

ピコレーザーとは美容外科などで行われるレーザー治療のことで、黒ずみの原因となる(メラニン色素)を破壊することが出来るレーザー照射です。

 

ピコレーザーの「ピコ」というのは単位から来ており、ピコ秒(1兆分の1秒)レーザー照射することから呼ばれています。ですので、従来のレーザー治療と違い肌への負担が少ないのが特徴にあげられます。

 

照射時間が少ないことから、従来のレーザーよりも効果が薄いんじゃないかと言うと、全くそういうことはなく、効果が高く時間もかからないことから、短期間で効果を出したい方におすすめの方法になっています。

 

また、ピコレーザーを肌に照射することによって、古い肌を新しい肌に生まれ変わらせる効果があるので、美容効果があるレーザー照射なのです。

 

ちくびの色や黒ずみを薄くする「ピコトレーニング」とは?

ピコトレーニングとは、ピコレーザーの光を弱くして、お肌全体にレーザーを照射することで、メラニン色素を破壊し薄くすることが出来る方法です。

 

ピコトレーニングは、長い波長を持っているので、皮膚の深いところまでレーザーが届くので、コラーゲンを生成する効果もあります

 

ピコトレーニングは、ピコレーザーに比べて力が弱いため、1回で治療完了というわけではなく、複数回治療する必要があります。ですが、その分、肌への負担が少ないです。

 

ちくびの黒ずみ具合などを見ながら、医師との相談でどちらで行うのかを決めると良いです。

 

「ピコレーザー」「ピコトレーニング」比較

ちくびの黒ずみの治療の違い
治療名ニップルピコレーザーニップルピコトレーニング
通院1回10回
治療期間1〜2週間5ヶ月
1度の治療時間5分〜10分2分〜5分
麻酔希望の場合必要なし
痛み指で弾かれる痛み少しチクチクする痛み
治療後の痛み数時間〜当日の間ヒリヒリが続くほとんどなし
ダウンタイム1〜2週間カサブタ特にありません
ホームケア1日朝晩2回 美容クリーム1日朝晩2回 美容クリーム
効果が出る時期カサブタが剥がれ落ちてから5ヶ月後〜
費用(1回)の治療費100,000円〜200,000円10,000円〜20,000円
効果

※通院する皮膚科によって異なる場合がありますので、詳しくは通院する皮膚科でご確認下さい。

 

ピコレーザー/トレーニングのメリットとデメリット

ピコレーザー/トレーニングで治療するメリット 

  • 医師の指導のもとちくびの黒ずみを除去できて安心
  • 医療機関ということもあり施術後のフォローも安心
  • 即効性が高く短期間で効果を得ることが出来る
  • ちくびの黒ずみを解消できる確率が高い

 

ピコレーザー/トレーニングで治療するデメリット

  • 費用が高い(保険適用外)
  • 地方にはない可能性もあり交通費がかかる
  • 多少の痛みが伴い1週間ぐらい続く可能性もある
  • 治療後にケアを怠ると黒ずみが再発する
  • ダウンタイム(施術してから回復するまでの期間)がある

 

ピコレーザー治療の施術の流れについて

STEP.1:カウンセリング
治療の担当となる専門の医師がカウンセリングを行います。 治療後のイメージをヒヤリングしながら、黒ずみを落としたい範囲や治療後の色の具合など、ご希望を詳しくお伺いします。治療後のフォローについても詳しくご説明します。 質問もOKですので、ここで不安な部分を取り除くと良いです。

 

STEP.2:ちくびの黒ずみにピコレーザーを照射
ピコレーザーを照射する時は、ゴムなどに弾かれるような痛みを伴います。 治療する医療機関によっては、麻酔を行う場合もあります。 施術は5分程度で終了します。

 

STEP.3:施術後
治療後は施術箇所にガーゼを貼り、帰宅することが出来ます。 家でガーゼを外してもOKです。次の日に塗り薬を塗って頂き、下着をつけるのも問題ありません。

 

STEP.4:アフターケア
1日朝晩2回、軟膏を塗って頂きます。 施術後に問題点や不明点など気になることがあったら医療機関にお問い合わせ頂けます。

※医療機関によって異なりますので、詳細は治療を受ける医療機関にご確認ください。

 

ピコレーザーの治療後に黒ずみが再発することも?!

ちくびの黒ずみは美容外科でピコレーザーを行うことによって、比較的に短期間で完治することが出来ます。しかし、ちくびの黒ずみは、ピコレーザーで解消した後も、アフターケアーを怠ると黒ずみが再発してしまいます。

 

特にちくびは、お肌の中でもデリケートな部分で、下着の摩擦や紫外線、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどによって、すぐに黒ずみが出来てしまいます。

 

普通に生活しているだけでも、いつの間にか出来てしまいます。
ですが、お風呂上がりなどに、ちょっとしたケアを行っていれば、ずっときれいな乳首で入れることも可能です。

 

毎日お風呂上がりなどに、お肌に化粧水や保湿クリーム、乳液などをつけると思いますが、ちくびの黒ずみも同様にケアが必要です。

 

まずは美容外科で処方されたアフターケアのクリームや軟膏を、しっかり欠かさずに塗りましょう。

 

その後は、ちくびの黒ずみ専用の美容クリームも登場していますので、そちらを使いケアすることで、黒ずみの出来にくい身体になります。

 

また、ちくび専用のクリームを使用すれば、美容外科などに通院せずとも、ちくびをピンクにすることは出来ます。

 

効果も高く実績もありますので、1度ちくび専用クリームを試してみるのも良いですね。

 

 

 

-ちくびをピンクにする方法

Copyright© 【ちくびをピンクにする方法】簡単にちくびの色を薄くするクリーム! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.