ちくびをピンクにする方法

【ちくびをピンクにする方法】簡単|ちくびが茶色や黒い悩みを解消!

更新日:

ちくびの黒ずみって、友達や家族ましてや彼氏になんて相談し辛い悩みですよね。。。

 

それに、ちくびの色が黒いと「遊んでいる」「不潔」「老けて見える」などマイナスイメージを抱く方が多いようです。

 

私もちくびの黒ずみで悩んでいたのですが、ちくびの色を薄くピンクにすることが出来ました。

 

そこで、この記事では同じくちくびの黒ずみで悩んでいるあなたに、私が体験したことはもちろん「お医者さんへの相談」「専門書籍」「信頼性の高いWEBサイト」などをもとに

 

徹底調査し導き出した・・・

 

「ちくびをピンクにする方法」簡単に実践可能な方法をご紹介します。

 

 

ちくびをピンクにする方法!簡単に実践できる方法3つ!

【ちくびをピンクにする方法】簡単に実践できる方法を大きく分別すると以下の3つになります。

1. 民間療法

2. 医薬部外品

3. 皮膚科及び美容外科での治療

 

インターネットには、簡単にちくびをピンクにする方法が色々と紹介されていますが、ちくびの黒ずみについては、ほぼ効果がない方法も紹介されています。

 

きちんと情報を整理した上で、本当に効果があるもので実践することをおすすめします。

 

というのも、ちくびは非常にデリケートな部分なので、間違った方法でケアすると、逆にちくびが黒ずんでしまう原因にもなります。

 

そうならないためにも、ネットにある簡単に出来る【ちくびをピンクにする方法】についてまとめました!

 ちくびをピンクにする方法おすすめ度効果副作用敏感肌安全性費用即効性
医薬部外品美白クリーム
民間療法バイオイル-
ヨーグルトパック(ホエー)-
オロナイン-
アットノン-
病院治療皮膚科(塗り薬)
レーザー治療

 

上記の図を見て頂いたら分かる通り、民間療法の4つの方法は、黒ずみについての効果はあまりなく、ちくびの黒ずみを改善するほどの効果を持っていないので、ちくびをピンクにする方法としては簡単ですが、おすすめしません。

 

また、病院で治療する場合は、効果も高く比較的に安全なのですが、費用も高く、黒ずみの再発のリスクもあるので、簡単で安心安全な美白クリームを使用することをおすすめします。

 

では、それぞれの特徴や特色についてご説明してきます。

 

 

【ちくびをピンクにする方法】簡単だが効果がない民間療法

 

まず上の図にもあげた、4つの民間療法ですが、インターネット上では効果があると言われていますが、黒ずみ解消としては効果が薄いので、ちくびの黒ずみ対策として使用は避けた方が賢明です。

 

避けた方がいい民間療法

1. バイオイル

2. ヨーグルトパック(ホエー)

3. オロナイン

4. アットノン

 

では、上記4つの簡単にちくびをピンクにする方法として言われていますが、どのような効果があるのでしょうか。

ちくびをピンクにする方法 効果
バイオイル 保湿・ターンオーバーの促進
ヨーグルト 保湿効果
オロナイン 保湿効果
アットノン 保湿効果

 

上記の4つの方法はどれも、保湿効果があったり、お肌への刺激を抑え、健康的なお肌を保たせる効果としては、問題ないです。

 

ですが、ちくびの色や黒ずみを薄くするとなると、別問題です。

 

もちろん、保湿を行ったり、摩擦や刺激などを抑えることも、黒ずみ予防としては効果があります。

 

ですが、すでに黒くなったちくびの色を薄くするには、黒ずみの原因でもある(メラニン色素)が作られないようにケアを施す必要があります。

 

ですので、これら4つの方法は、ちくびの黒ずみへの予防対策として使用する人におすすめの方法です。

 

事実口コミを見てみると、試して見た人は、ちくびの色や黒ずみを薄くすることが出来なかった人がほとんどでした。

 

民間療法の口コミ

(バイオイル)OL / 26歳:半年経っても効果なし。。。
バイオイルをお肌の美容のためにと使っていたのですが、ちくびの黒ずみにも効果があると聞いたので、しばらく試してみることにしました。

6ヶ月ぐらい毎日お風呂上がりに塗ったのですが、ちくびの色については、全く変化がありませんでした。

 

(ヨーグルトパック)主婦 / 29歳:3ヶ月試したけど効果なし。。。
ヨーグルトパックの存在を、インターネットで知ったので、3ヶ月ぐらい試して見ました。

しかし、ちくびの色を薄くすることは出来ませんでした。

朝晩2回お風呂上がりとシャワー後にパックをしていたのですが、臭いが気になったり、ヨーグルトを洗い流すのがめんどくさいのとで、乳首専用のクリームを使うようになりました。

 

(オロナイン)主婦 / 33歳:赤みと痒みが。。。
ちくびの色が薄くなると聞き、早速家にあったオロナインで実践して見ました。

塗り始めて1週間ぐらい経ったぐらいから、少し赤くなりだして、かゆみが出てきたので、塗るのをやめました。

かゆみも落ち着いたので、再開しようか迷っていたのですが、ちくびの美白クリームがあることを知ったのでそっちを使おうと思ってます。

 

(アットノン)大学生 / 22歳:ちくびの色に変化なし。。。
アットノンがちくびの色をピンクにすることが出来ると知って、早速試して見たのですが、1週間経っても効果を感じられません。

とりあえず、1ヶ月使ってみることにしますが、ちくびの色が薄くなる気配はありません。

 

口コミからも分かるように、ちくびの色や黒ずみを薄くするのには、あまり効果に期待できないだけか、赤みやかゆみも出ることもあるようです。

 

では、【ちくびをピンクにする方法】で簡単にできて、効果があるのは何なのでしょうか。

 

 

【ちくびをピンクにする方法】簡単に出来る方法とは?

 

すでに出来てしまった黒ずみにも効果があって、簡単にちくびをピンクにする方法は、乳首専用の美白クリームを使用することです。

 

というのも、これまで説明してきた、民間療法は保湿効果や黒ずみの予防として使える方法で、ちくびの黒ずみの原因を根本から解決することは出来ません。

 

根本から解決したい場合は、ちくびの黒ずみの原因である(メラニン色素)の生成を抑える必要があるのですが、メラニン色素の生成を抑える成分は、民間療法や市販の美白クリームには、残念ながら含まれていません。

 

では、メラニン色素の生成を抑える成分は、色々と種類があるのですが、どれを選べばいいのでしょうか?

 

メラニン色素の生成をおさえる成分は以下の3つがあります。

成分名作用効果
リン酸Lアスコルビル・ビタミンC誘導体メラニン色素の生成を抑制
アルブチンメラニン色素の生成を抑制
トラネキサム酸プラスミン抑制効果によりメラニン色素の生成を抑制

 

乳首専用の美白クリームも様々なものがあり、その中で重要になってくるのが、効果の高い成分が配合されている必要があるということです。

 

というのも、ちくびの黒ずみは、他の箇所の黒ずみより濃ゆいのが特徴で、効果が弱い成分だと、あまり効果を実感できない場合が多いからです。

 

以下に「医者」「専門書籍」「口コミ」などをもとに、ちくび専用クリームのランキングを作りましたので、ちくびの色をピンクにしたい方はご覧ください。

 

ちくびの黒ずみが気になっている方は、一度試してみると良いクリームですよ!

 

-ちくびをピンクにする方法

Copyright© 【ちくびをピンクにする方法】簡単にちくびの色を薄くするクリーム! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.