ちくびをピンクにする方法

ハイドロキノンはちくびの黒ずみに効果あるの?副作用があって危険?

更新日:

ちくびの黒ずみに効果があると言われている「ハイドロキノンクリーム」と「レチノインクリーム」ですが、本当に効果はあるのでしょうか。

実際に「ハイドロキノンクリーム」は漂白効果があり、お肌の漂白剤と呼ばれており「レチノインクリーム」と併用して使うことでさらなる効果を得ることができると言われています。

ですが、本当に2つのクリームを使えば、ちくびの色を薄くすることが出来るのでしょうか?

「ハイドロキノンクリーム」と「レチノインクリーム」の効果を確認しながら検証してみました。

 

「ハイドロキノンクリーム」や「レチノインクリーム」で、ちくびの色は薄くすることが出来るの?

結論から先に申し上げると、普通の人で1〜2ヶ月継続して使うと、ちくびの色が薄くなる人が多いようです。もちろん個人差はありますが、一般的には1〜2ヶ月と言われています。

 

ですが、ハイドロキノンは非常に刺激の強い成分になるので、用法用量を間違うと、ちくびが、かぶれたり、赤み、かゆみなどが発生し、逆にちくびの黒ずみが悪化する場合もあります。

 

使用する際には、専門の医療機関で医者の指導のもと治療を行うようにして下さい。

 

 

ちくびの黒ずみに対するハイドロキノンの効果

参考サイトはこちら

ハイドロキノンは、黒ずみ原因物質であるメラニン酵素の「チロジナーゼ」のはたらきを阻害します。さらに、メラニン色素を作る細胞(メラノサイト)の活動を弱め、減少させる働きがあります。
これにより、黒ずみの原因となる(メラニン色素)を作らせないようにするのです。

 

美白効果で有名な「アルブチン」や「コウジ酸」の100倍もあると言われている。

 

また、メラニン色素を作る細胞である(メラノサイト)の活動を抑制するので、比較的早く黒ずみのないちくびに導くことが出来ると言われています。このハイドロキノンという成分によって、ちくびの黒ずみに、ある程度の効果を期待することが出来るのです。

 

しかし、ハイドロキノンは刺激が強く強力な漂白作用を持っているので、用法用量を間違うと、刺激性皮膚炎の原因となり、かゆみや赤みを伴う危険性があります

 

 

乳首の黒ずみに対するトレチノインクリームの効果

トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)とは、はビタミンAの誘導体(レチノール)という成分で、生理活性がビタミンAと比べると約50-100倍あると言われています。

 

トレチノイン(レチノイン酸)がお肌にもたらす作用

✅古い角質を剥がしてくれる

✅皮膚細胞の分裂・増殖・再生を促す

✅皮脂の分泌を抑制

✅コラーゲンの分泌を高める

✅ヒアルロン酸などの粘液性の分泌を高める

 

などがあります。

 

トレチノインを使うことで、お肌のターンオーバー(新陳代謝)が高まり 、メラニン排出が促され、ハイドロキノンなどの美白効果が高い成分と併用することで、シナジー効果(相乗効果)を得られます。

 

しかし、医者によっては、ちくびやデリケートゾーン、粘膜などへの使用は、刺激が強いため危険だと判断し使用しない場合もあります

 

 

「ハイドロキノン」「トレチノイン」の併用でちくびの黒ずみ解消効果がUP!

「ハイドロキノン」と「トレチノイン」は併用して使うことによって、ちくびの色を薄くする効果が高くなります。「ハイドロキノン」は、お肌へ浸透しにくい性質があり、「トレチノイン」などの浸透力が高い成分と併用すると、より効果が高まります。

 

ちくびの黒ずみに対しては「トレチノイン」がお肌のターンオーバー(新陳代謝)を促し、黒ずみや色素沈着をお肌の表面に押し上げてくれます。それと同時に「ハイドロキノン」がちくびの黒ずみの原因物質である(メラニン色素)の生成を抑えることで、ちくびの色を薄くしてくれます

 

 

ちくびの黒ずみにおける「ハイドロキノン」と「トレチノイン」の使い方

ちくびの色を薄くするには「トレチノイン」と「ハイドロキノン」を併用することで、シナジー効果(相乗効果)が働き、より高い効果を得ることができます。

 

使用は以下の手順で行います。

    1. まずはお肌の汚れを取るために、ちくびを洗い清潔な状態にします。
    1. ちくびの黒ずみが気になる部分に、保湿効果の高い化粧水などを塗り、お肌が乾燥するのを防止します。
    1. 化粧水が乾きちくびに馴染んだら、コットンなどに「トレチノイン」を少しだけ出して、ちくびの黒ずみが気になるところに、薄く塗ります。ちくびが乾くまで少し待ちます(5分〜10分ぐらい)
    1. 「トレチノイン」が乾いたら、新しいコットンに「ハイドロキノン」を適量出して、先ほど「トレチノイン」を塗ったところの上から、塗って乾くのを待ちます。(5分〜10分ぐらい)
  1. 「ハイドロキノン」が乾燥したら、最後に保湿クリームを、ちくびに塗ってお肌を守りましょう。

 

「トレチノイン」と「ハイドロキノン」は治療薬になるので、副作用がある場合があります。
使い始めて2週間〜3週間ぐらいは、ちくびが赤く炎症を起こしたり、皮膚がただれて剥がれてくるような場合があります。

 

また、治療の間に、紫外線を浴びたりすると、治療の効果が半減し、新しい黒ずみが発生する場合があるので注意してください。

 

副作用が出た場合は、使用を中止し速やかに、医者に相談するようにしましょう。

 

副作用なしで、ちくびの色を薄くしたい方はこちら↓↓↓

 

 

【知らなかったでは済まない】トレチノインとハイドロキノンをちくびに使う前に読む

これまで説明してきたように「トレチノイン」と「ハイドロキノン」は非常に刺激の強い成分です。
使い方を間違うと、取り返しのつかない事態になる場合もあります。

 

今でこそ日本でも、皮膚科や美容クリニックで処方されているのですが、元々は「トレチノイン」と「ハイドロキノン」はアメリカで作られた成分です。日本人の肌に合わなずに副作用が起こるデメリットもあるのです。

 

インターネットで調べたところこのような口コミを見つけました。

 

逆にちくびが黒くなって使ったことを効果;;
ちくびの色を薄くしたくて、「トレチノイン」と「ハイドロキノン」を、ちくびの黒ずみに使ったのですが、逆に黒ずみが悪化してしまいました。

 

すぐに使うのを中止したのですが、1週間ぐらい時間を空けて、再度使い始めたら、ちくびが炎症を起こし赤くなり、最終的にはさらに黒ずむ結果になってしまいました。

 

元に戻したいのですが、どうしたらいいでしょうか。 使ったことが後悔しかありません。

 

これは俗に言う「炎症後色素沈着」と呼ばれるものです。簡単に説明すると、虫刺されの跡と同じ状態で、「トレチノイン」と「ハイドロキノン」の刺激が強すぎて炎症が起こり、その部分に黒ずみの原因となる(メラニン色素)が沈着してしまった結果です。

 

お肌の浸透率は、身体の部位によって違うのですが、特にちくびやデリケートゾーンなどは、吸収力が高いです。そのため場合によっては、お肌が白くなり黒と白がマダラになってしまう場合もあります。慎重に扱わなければ、副作用が起こり、余計に悪化してしまうのです。

 

そうなってしまった場合は、すぐに使用を中止し皮膚科もしくは美容皮膚科を受診するようにしてください

 

また最近では、副作用がない、安心で安全な「乳首専用の美容クリーム」も登場しています。

 

ちくびの色を薄くしたい人にオススメで、ちくびの黒ずみにも効果が高い口コミが多いです。

 

安心安全にちくびの色を薄くしたい方には「乳首専用の美容クリーム」がおすすめです。

 

 

-ちくびをピンクにする方法

Copyright© 【ちくびをピンクにする方法】簡単にちくびの色を薄くするクリーム! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.