ちくびをピンクにする方法

【ケシミンクリーム】はちくびの色や黒ずみを薄くする効果はないの?

更新日:

 

乳首の黒ずみが気になり始めた時は、どうにか市販品で改善できないのか?と調べていると小林製薬から出ている「ケシミンクリーム」が出てきました。「ケシミンクリーム」といえば、シミに効果がある薬用クリームということで一般的に普及していますよね。

 

そこで、「ケシミンクリーム」が本当に乳首の黒ずみに効果があるのかを、成分を調べ、徹底的に検証してみました。

 

「ケシミンクリーム」でちくびの色が薄くなれば、簡単にドラックストアや薬局で購入できるので、手軽でいいですよね。

 

しかし、調べていくうちにこんな結果が…

 

まず、「ケシミンクリーム」にちくびの色を薄くする効果があるのかを知るために、有効成分を調べてみました。

 

「ケシミンクリーム」の有効成分と特徴は?

ケシミンクリームの情報と特徴

商品名ケシミンクリーム
メーカー小林製薬
製品の特徴メラニンの生成を抑制し、「シミ」や「そばかす」を防止する。
シミ対策や予防として効果がある。
製品部類医薬部外品
有効成分グリチルレチン酸ステアリル,L-アスコルビン酸 2-グルコシド,トコフェロール酢酸エステル

 

ケシミンクリームの有効成分の効果

L-アスコルビン酸 (別名:ビタミンC誘導体)
ちくびの黒ずみ(シミ)はメラニン色素が酸化することで、黒色のメラニン色素に変化して発生するのですが、ビタミンC誘導体は、高い抗菌作用を持っており、メラニンが黒化するのを防ぎ、結果的にちくびに黒ずみが出来るのを防ぎます。

 

グリチルレチン酸ステアリル
グリチルレチン酸ステアリルは、グリチリチン酸2kの約2倍の強い抗炎症作用を持っており、「抗菌炎症作用」「抗アレルギー作用」によって、強力な炎症効果が期待できます。

主に「かぶれを防ぐ」「皮膚炎症」「肌荒れを防ぐ」「ニキビ予防・悪化防止」として使われている成分です。

 

トコフェロール酢酸エステル (別名:ビタミンE)
ビタミンEの誘導体で、抗菌作用に優れており、肌荒れや皮膚の角化を防ぎ、老化防止効果があると言われています。よって若返りのビタミンと言われています。そのほかにも炎症を抑える効果を持っており、様々な化粧品で使われています。

 

「ケシミンクリーム」は、ちくびの色を薄くする効果は?

「ケシミンクリーム」は上記の有効成分が配合されており、L-アスコルビン酸は、黒ずみの原因となる(メラニン色素)の生成を抑制する効果があります。

 

さらに「ビタミンE」「ビタミンC」のビタミン誘導体は、同時に摂取することで、シナジー効果(相乗効果)があり、ちくびの色や黒ずみを薄くする効果が高まります

 

ですが、「ケシミンクリーム」に含まれている3つの有効成分は、黒ずみに対して直接的に効果があるわけではないので、効果が出るまでに、3ヶ月〜6ヶ月程度かかると言われています。

 

よって、期間をかければ、ちくびの色や黒ずみを薄くすることが出来ると言えます。

 

「ケシミンクリーム」は、ちくびの黒ずみに使っても安心なの?

これまで説明したように、「ケシミンクリーム」には、ちくびの色や黒ずみを薄く出来ると分かり、「ケシミンクリーム」を使えば、ちくびの色や黒ずみを薄くできる!と思いました。

 

ところが、ちくびの黒ずみに対して使っても大丈夫なのかを調べていたら、このような口コミを見つけました。

 

「ケシミンクリーム」をシミに塗ったら、赤いプツプツができました。 しかも顔まで腫れてしまって・・・使用を中止したら、元に戻って安心しましたが…

アレルギーなどは持っていないので、原因は不明です。 安くてシミが消せるのはすごく魅力だったのですが、私の肌には合ってないようで残念です。

 

この口コミ1つだけなら、肌に合う合わないはあるので、大丈夫かなぁと思ったのですが、この口コミ以外にも3件ぐらい、肌につけたらヒリヒリしてきた、吹き出物ができた、赤みや痒みが…という口コミがありました。。。

 

ちくびやデリケートゾーンなどは、非常に敏感でデリケートな場所ですよね。
普通の肌ですら肌荒れを起こしてしまう人がいる中で、ちくびの黒ずみに使うのは、ちょっと不安で怖いなと思いました。

 

でも、なぜ?「ケシミンクリーム」は、吹き出物、赤み、痒み、肌荒れなどを起こしてしまうのでしょうか?

 

ちくびの色や黒ずみを薄くするために「ケシミンクリーム」を使うのは危険?!

「ケシミンクリーム」に含まれている成分に「グリチルレチン酸ステアリル」と「アスコルビン酸グルコシド」という成分があり、使用する際は注意が必要です。

 

「グリチルレチン酸ステアリル」は、用法用量を間違えてしまうと、ステロイドと同じ副作用が出てしまう危険性を持っています

 

ステロイドには、高い抗菌作用があるのですが、その分、副作用もあり、皮膚が薄くなって血管が浮き上がったように見える場合があります。

 

ちくびやデリケートゾーンは、角質層が薄く、「ケシミンクリーム」を使いすぎると、ちくびの角質層が更に薄くなり、ちくびのトラブルの原因となる可能性があります。

 

また、「アスコルビン酸グルコシド」には、白斑になるというデータもあります。白斑とは、「メラノサイト」という色素細胞が弱まったり、消失してしまうことで、皮膚の色が一部白く抜けてしまうことで、肌の色がまだらになってしまいます。

 

結果「ケシミンクリーム」の成分や口コミから分かることは、お肌の黒ずみに効果はあっても、ちくびの色や黒ずみを薄くするのには、適していないということです!

 

というのも「ケシミンクリーム」は、ちくびの色や黒ずみを薄くするための専用の商品ではないので、あまりおすすめ出来ません。

 

また最近では、副作用がない、安心で安全な「乳首専用の美容クリーム」も登場しています。

 

わざわざ危険を冒してまで「ケシミンクリーム」を使うよりも、ちくび専用の美容クリームを使うことが、ちくびの色や黒ずみを薄くするには、一番安全で近道です。

 

ちくびの黒ずみ専用美白クリームはここが良い

 

ちくびの黒ずみ解消クリームの6つの特徴

簡単!お風呂から上がったら乳首にクリームを塗るだけでOK!

✅保湿、美白、美容成分がたくさん配合されている!

✅乳首専用なので肌にも優しい

✅無添加で赤ちゃんに使っても大丈夫!

✅周りに内緒で始められる!

✅1ヶ月5,000円ぐらいだからコスパもGOOD!

 

安心安全にちくびの色を薄くしたい方には「乳首専用の美容クリーム」がおすすめです。

 

-ちくびをピンクにする方法

Copyright© 【ちくびをピンクにする方法】簡単にちくびの色を薄くするクリーム! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.