ちくびをピンクにする方法

【ルミキシル】でちくびの色は薄くなるの?口コミと成分を徹底検証!

更新日:

lumixyl

 

ルミキシル(LUMIXYL)はアメリカのスタンフォード大学の研究者により開発され、「ルミキシル・ペプチド」という10種類のアミノ酸を配合して作られた新しいクリームです。「ルミキシル・ペプチド」はメラニンの生成を防ぐ効果があり、顔のくすみや黒ずみを解消することが出来ます。

 

普通は、顔のシミやくすみなどに使用されることが、ほとんどなのですが、ちくびの黒ずみにも使えるのか気になったので徹底的に調査しました。

 

この記事では、ルミキシルがちくびに効果があり、安全なのかを、全成分と口コミから分析した結果をご紹介します!

 

まずは、ルミキシルの成分から危険なのか?安全なのかをご紹介します。

 

ルミキシルの成分は、ちくびに使っても安全なの?危険なの?

ルミキシルの成分を分析した結果を結論から申し上げると、

 

ルミキシルには美白成分と保湿成分が含まれており、ちくびの色や黒ずみを薄くすることには期待できます。

 

しかし、保湿成分の方がメインで、美白成分は黒ずみを防ぐ予防の観点で配合されているようです。

 

さらに、お肌への刺激が強い成分も入っていることが分析によって明らかになりました。

 

ルミキシルの全成分と効果について

ルミキシルの全成分の解析・効果について
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル粘り気が少なくサラッとしているので伸びやすく、軽い油剤として配合されている。水分が蒸発しないように、お肌の表面を軽く覆う閉塞剤としても使用される。保湿効果があり、安全性の高い成分で様々な化粧品に使われている。

ペンチレングリコールサラッとした感触の、水分を抱きかかえるチカラを持った保湿剤です。防腐剤の役割もあり、危険性の高い防腐剤(ハラベン)の代わりに用いられる。

グリセリン水を引き寄せる吸水性に優れており、お肌にしっとりとした潤いを与えることで、乾燥やかゆみなどに効果があります。

セテアリルアルコール保湿効果が高く肌の水分量をキープしてくれます。またお肌を守り柔軟性を高める効果もあります。

スクレロチウムガム保湿剤や乳化剤として使用されます。お肌をガードする働きがあり、水分の蒸発や潤いをキープする効果があります。

PCA-Na人のお肌の中にも、元から多数存在している成分です。保湿効果があり、お肌をみずみずしく保ってくれます。
ジメチコンシリコンの一つで、油分などのベタつきを抑えることで、なめらやから肌触りになります。

メドウフォーム油植物から抽出した天然のオイルです。お肌から水分が蒸発するのを防ぎます。
セタノール天然の乳化作用を持っており、サラッとした使用感を与える効果があります。

シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール水性と油性の2つの成分を乳化させ、成分が混ざり偏らないようにする乳化剤の役割と保湿作用を持っています。

フェノキシエタノールグリコールエーテルというアルコール成分の1つになります。防腐剤や殺菌生があり、品質を保つ効果があります。

アロエベラ液汁保湿力に優れており、お肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進させる効果があります。

パンテノールお肌の細胞を活性化させる効果があり、肌荒れなどに効く抗炎症作用効果や保湿効果があります。

フェニルエチルレゾルシノール美白効果があり、メラニンの生成を抑える効果があります。

アンマロク果実エキス抗酸化作用を持っており、お肌のアンチエイジング効果があります。また保湿力にも優れています。

BG優れた保湿性を持っており、お肌にツヤと潤いを与えてくれます。抗菌作用もあるので、防腐剤のサポートをする役割も持っています。

リン酸ジセチル水性と油性を馴染ませてくれる乳化剤としての役割を持っています。

セテス-10リン酸非イオン性を持った乳化安定剤の一つで、クリームや乳液を安定させる効果があります。

カプリリルグリコールグリセリンと同じぐらいの保湿力に優れており、保湿剤として効果を持ちます。

カンゾウ根エキス植物エキスの一つで「グラブリジン」や「グラブレン」などが含まれており、メラニン色素の生成を抑える効果があります。

クロルフェネシン抗真菌薬に配合されており、筋肉の緊張を緩和する作用があり、筋弛緩薬としても使われています。

AMPクリームの中和剤や液体の中和剤として使われており、pHの調整として配合されます。

EDTA-4Na酸化、変色を防ぐ作用やキレート作用を持っています。

アラントイン抗炎症作用を持っており、肌荒れの改善や、お肌への刺激を抑えてくれる作用があります。

ヒアルロン酸Na優れた保水力保湿力を持っており、お肌の表面に薄い水分の膜を作ることで、乾燥などから肌を守ってくれます。

デカペプチド-12メラニン生成を抑制する働きがあり、チロシナーゼ(メラニン生成酵素)の働きを抑制します。

※成分表は上から順に含有量を多く含む順番に記載しております。
(配合量が1%以下の場合は順不同)

 

化粧品を酸化や腐敗から守るために必要な成分の4つなのですが、「フェノキシエタノール」「ジメチコン」「クロルフェネシン」「EDTA-4Na」が気になりました。

 

人の体に対して毒性があることがわかっており、配合量によっては危険な成分で、厳しい規制があります。

 

ですが、防腐剤として少量であれば、問題はありません。

 

かゆみ、肌荒れを引き起こす原因となったり、肌に刺激を与える成分には違いないので、ちくびに対して適した成分ではありません

 

もし使用する場合は、パッチテストを行うようにしてください。

 

 

ルミキシルの3つの特徴

①美白成分よりも保湿成分メイン

保湿効果

まず、成分を分析してみた結果、ルミキシルには、美白成分に比べて保湿成分が入っている量が圧倒的に多いということがわかりました。

 

上記の成分表は、配合量順に並べているのですが上から「ジメチコン」までは全て保湿成分として配合されています。

 

美白成分については「アロエベラ液汁」が入っているのですが、ちくび専用美白クリームには通常「トラネキサム酸」が使用されているのがほとんどです。

 

というのも、厚生労働省から黒ずみに対して効果があると認可されている、美白成分だからです。

 

よって、ルミキシルは黒ずみよりも、乾燥を防いだり、お肌に潤いを与える保湿効果として使われているようです。

 

ちくびの黒ずみが気になっているのだけれども、それ以上にちくびのカサカサが気になる方は使用してみるのも良いです。

 

②美白成分も配合されている!

Lumixyl

保湿成分メインであるとお伝えしましたが、もちろん美白成分も配合されております。(ただ保湿成分に比べて、美白成分の配合が少ないというだけです)

 

ルミキシルの特徴である「ルミキシル・ペプチド」は10種類のアミノ酸から作られており、メラニンを生成する酵素(チロシナーゼ)の働きを抑制してくれるので、美白効果もあります。

 

そのほかにも「カンゾウ根エキス」「アロエベラ液汁」は、黒ずみの原因である(メラニン色素)の生成を抑えてくれる効果もあります。

 

ですので、黒ずみに対しても効果はあり、美白効果があることも事実です。

 

しかし、すべての成分を配合量順に並べてみると、下の方に出てきて、配合量は少ないので、美白効果が高いと言い切れないのが現状です。

 

③最も危険!お肌への負担が高い成分が配合!?

 

普通はちくび専用の黒ずみ解消クリームには「旧表示指定成分」は配合されていません。

 

旧表示指定成分とは…

体質によっては「アレルギー」などのお肌へのトラブルを起こす可能性がある成分のこと。 現在、厚生労働省から合計103種類の成分が告示されています。

 

旧表示指定成分は、現在の化粧品ではほぼ使われていないのですが、「ルミキシル」には2つも使われています。

 

お肌へのトラブルを引き起こす可能性があると言われている成分を、最もデリケートな「ちくび」に使うのは危険です。

 

また、黒ずみが悪化するケースもあるので、ちくびへの使用は避けた方が賢明かもしれません。

 

ルミキシルを使った人の口コミ

OL / 27歳:変化がありません。。。
シミが気になっており、掛かり付けの皮膚科の先生に勧められて購入しました。 使用感はよく、保湿力もあって重宝しています。

ですが、シミ目的で買ったのに、シミに変化はありませんでした。

黒ずみが悪化することはないので、無くなるまでは使い続けます。

 

女子大生 / 22歳:お肌に合わないかも。。。
顔のシミ用にと購入したのですが、つけた所がヒリヒリして痒くなります。

赤みや吹き出物が出てきたので、使用するのを中止しました。

治ったらもう一度使ってみようと思いますが、シミについては効果なしかなという実感です。

 

主婦 / 35歳:顔のシミが薄くなった!
毎晩シャワーを浴びた後に、顔につけています。 保湿効果もあるし、シミも徐々に薄くなってきました!

3ヶ月ぐらい使っていますが、目立たなくなって効果を実感しています!

ほかにもシミが目立つ所があるので、使い続けます。

 

ルミキシルの口コミまとめ

実際に口コミを確認してみると、ルミキシルで顔のシミが薄くなった!効果があった!という人はたくさんいました。ですが、ちくびに使って効果があったという方は、見つかりませんでした。。。

 

さらに、顔には問題なく使えているのに、ちくびに使うと「ヒリヒリしたり」「かゆみ」「赤み」が発生するという口コミが目立ちました。

 

やはりちくびなどのデリケートな部分への使用は避けた方がいいですね。

 

では、ちくびをピンクにする方法はルミキシル以外にないのか?と思っていらっしゃる方もいると思います。

 

最近では、副作用がなく、安心で安全な「乳首専用の美容クリーム」も登場しています。

 

わざわざ危険を冒してまで「ルミキシル」を使うよりも、ちくび専用の美容クリームを使うことが、ちくびの色や黒ずみを薄くするには、一番安全で近道です。

 

【ちくびをピンクにする方法】乳首の黒ずみに効くクリームはコレ!

乳首の黒ずみ専用クリームの4つの特徴

ポイント

✅メラニンの生成を抑制する有効成分が含まれている

✅メラニンを薄くする美白成分がある

✅皮膚の健康を守る保湿成分が高い

✅お肌のターンオーバー(新陳代謝)を正常に戻す成分がある

 

上記の4つの成分が配合されているので、すでに出来てしまった乳首の黒ずみにも効果があり、さらに乳首の黒ずみが出来にくいお肌へと導いてくれます。

 

また、乳首は非常にデリケートな箇所なので、日本人の肌に合うように美容外科の医師の指導のもと作られたものもあるので、安心して使用することができます。

 

乳首の黒ずみが気になっている方は、一度試してみると良いクリームですよ!

 

-ちくびをピンクにする方法

Copyright© 【ちくびをピンクにする方法】簡単にちくびの色を薄くするクリーム! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.