ちくびをピンクにする方法

【ちくびの黒ずみ】ニベアクリーム(青缶)は黒ずみに効果ないの?

更新日:

 

乳首の黒ずみが気になり始めた時は、どうにか市販品で改善できないのか?と調べていると「ニベア」が出てきました。ニベアといえば、知らない人がいないんじゃないか?というぐらい一般的に普及していますよね。

 

そこで、ニベアが本当に乳首の黒ずみに効果があるのかを、すべての成分を調べ、徹底的に検証してみました。

 

ニベアでちくびの色が薄くなれば、簡単にドラックストアや薬局で購入できるので、手軽でいいですよね。

 

しかし、調べていくうちにこんな結果が…

 

まず、ニベアに乳首の黒ずみを消す効果がある成分が入っているのかを知るために、全成分を調べてみました。

 

ニベアに入っている全成分は?

ニベアの全成分

水,ミネラルオイル,ワセリン,グリセリン,水添ポリイソブテン,シクロメチコン,マイクロクリスタリンワックス,ラノリンアルコール,パラフィン,スクワラン,ホホバ油,オレイン酸デシル,オクチルドデカノール,ジステアリン酸Al,ステアリン酸Mg,硫酸Mg,クエン酸,安息香酸Na,香料

 

ニベアクリーム(青缶)の全成分を分析した結果

結論から先に申し上げると、ニベア青缶には保湿効果がある「スクワラン」「ホホバオイル」などの保湿効果の高い成分が配合されていることが分かりました。

ですが、乳首の黒ずみについては、黒ずみの原因になる物質(メラニン色素)の生成を抑制したり、排出したりする成分は全くもって配合されていませんでした。
結果、お肌を保護するために使う場合はいいのですが、乳首の黒ずみを消したい方が塗っても効果はありません。

むしろ、乳首は非常にデリケートな場所になるので、ニベアなどの刺激の強い成分を乳首などに使用するのはリスクが高いという結果となりました。

 

ニベアの全成分の解析と効果

ミネラルオイル赤ちゃんにも使用できる保湿成分として様々な製品で使用されており、お肌の乾燥を防ぎます。また、お肌への刺激も弱いのが特徴にあります。

ワセリンお肌の表面を覆うことで、水分が角質層から蒸発するのを防ぐ役割があります。

グリセリン吸水性が高く、肌にしっとりとした潤いを与えて、お肌へよく馴染むように感触などの調整剤として配合されております。

水添ポリイソブテン化粧品のテクスチャーを整える粘度調整剤として利用される成分です。腐敗しづらく酸化するのを防ぎ、品質を維持する効果があります。

シクロメチコン環状シリコンの1つにあたり、お肌保護してくれ、お肌が乾燥するのを防ぎます。使い心地もよくベタつきを抑えます。

ラウロマクロゴール合成界面活性剤になり、とても強い洗浄力を持っています。保湿剤としての役割もあります。

マイクロクリスタリンワックス石油系のワックス剤で、ワセリンの仲間の1つです。化粧品などのクリームのテクスチャーを整え粘度調整剤の役割として配合されます。

ラノリンアルコール浸透力があり、肌になじみやすいので保湿剤の役割として使われている。アトピーや乾燥肌など、皮膚が弱くなっているときは、かぶれなどを引き起こすこともあります

パラフィンクリームの粘度の調整の役割として、お肌への感触を調整するために配合されています。

スクワランお肌への浸透力が高く、肌のターンオーバー(新陳代謝)を促します。保湿効果が高いのが特徴です。

ホホバ油古い角質や肌の汚れを排除したり、保湿効果もありお肌にハリと潤いを与えます。

オレイン酸デシル湿潤力が高く、肌になじみやすいので、お肌を乾燥から守る効果があります。

オクチルドデカノールお肌に優しく、感触が良く、高い保湿効果を持っています。肌への刺激を防いだり、吸収力を高める性質があります。

ジステアリン酸Al安全性の高い界面活性剤で、乳化剤の役割として使用されます。潤いを与える効果もあります。

ステアリルアルコールお肌の保湿・保護・柔軟効果を持っております。敏感肌の方は注意する必要がある成分です。

ステアリン酸Mg乳化剤の役割として配合されております。

硫酸Mgクリームなどの乳化物の安定剤として配合されています。
クエン酸水の中の微量金属とひっつき、キレート剤として、クリームの安定をはかります。

安息香酸Na保存剤や防腐剤として使われており、アレルギーの報告もあります。
香料香りを加えるために配合される成分です。

※成分表は上から順に含有量を多く含む順番に記載しております。
(配合量が1%以下の場合は順不同)

 

ニベアクリーム(青缶)の成分から導き出した3つのポイント

肌を乾燥から守る成分で保湿効果が高い!

 

ニベアクリーム(青缶)には「ビタミンA」「ビタミンD」「ビタミンE」などを多く含んでいるホホバオイルが配合されています。ホホバオイルは、肌のターンオーバー(新陳代謝)を促し、肌を正常な状態に戻してくれます。

 

また、スクワランという保湿効果の高い成分も含まれており、肌を守る効果もあり、乾燥や摩擦などの刺激から肌を守ってくれる効果もあります。

 

そのほかにも、お肌の水分量をキープしてくれる「グリセリン」やお肌の水分が蒸発するのを防ぐ成分もたくさん配合されています。

 

乾燥肌への効果はあるがちくびの色はピンクにならない!

 

これまでニベアの成分をご紹介したように、保湿効果の高い成分はたくさん配合されているのですが、乳首の黒ずみに対して効果がある成分は入っていません…

 

だいたい、乳首の黒ずみは、メラニン色素が肌に沈着することが原因になるので、予防・解消するには、以下に記載する4つの成分が全て入っていて初めて効果があります。

 

✅お肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進する成分

✅メラニン生成を抑制する成分

✅効果の高い美白成分

✅お肌の乾燥を防ぐ保湿成分

 

ニベアクリーム(青缶)には、「ホホバオイル」が入っており肌のターンオーバー(新陳代謝)を促す成分や、高保湿の成分は入っているのですが、最も重要な「美白成分」「メラニン生成を抑制する成分」が入っていないのです。

 

いくらニベアを乳首に塗り続けたからといって、乳首の黒ずみが消えるとは言えません。

 

最も危険!お肌への負担が高い成分が配合!?

 

普通の乳首専用の黒ずみ解消クリームは、無添加で(香料・着色料・鉱物油・アルコール・パラペン・合成界面活性剤)はお肌に負担をかけるので、一切使用されていないのが特徴です。

 

ですが、ニベアクリーム(青缶)にはお肌に負担をかける、これらの成分が配合されております

 

成分名配合の有無
香料配合あり
着色料配合なし
鉱物油配合あり(ミネラルオイル・パラフィン・ワセリン・マイクロクリスタリンワックスの4種類)
アルコール配合あり(ラノリンアルコール )
パラペン配合なし
シリコン配合あり(シクロメチコン)

 

実際に乾燥肌やアトピーの方が、皮膚の防御反応が弱っている場合に使うと、肌のかぶれの原因になる可能性もあるのです。

 

乳首の黒ずみは、お肌のターンオーバー(新陳代謝)の機能が正常に働いていない場合が多く、その状態で「ラノリンアルコール」や上にあげた肌への負担が強い成分を使うと、黒ずみがさらに悪化する可能性も充分あるのです。

 

安易な考えで、乳首にニベアクリーム(青缶)を使うことはとても危険だと言えます。

 

実際に使用した方々の口コミにも、ニベアパックでは黒ずみの効果を得られなかったという口コミがほとんどでした。

 

では、ちくびをピンクにする方法はニベア以外にあるのでしょうか?

 

乳首の黒ずみを解消し、ちくびの色を薄くするクリームは?

 

ちくびの色を薄くしたい方は、やはり「乳首専用の美白クリーム」を使うことが一番おすすめできます。

 

乳首は非常にデリケートな部分であり、女性にとって非常に大事な部位ですので、肌に負担をかける成分を使っていなくて、かつ日本人の肌に合うように考えて作られた乳首専用のクリームを使うのが賢明です。

 

高い効果ももちろん期待できます!!!

 

黒ずみに対しては「メラニン生成を抑制」「美白成分配合」や無添加で、赤ちゃんでも使えるクリームなので、敏感肌の方でも乾燥肌の方でも安心して使えます。

 

お肌のターンオーバー(新陳代謝)を促し、保湿効果によりお肌を潤いを与え、乳首に黒ずみが出来にくくなります!

 

-ちくびをピンクにする方法

Copyright© 【ちくびをピンクにする方法】簡単にちくびの色を薄くするクリーム! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.