ちくびをピンクにする方法

【ちくびをピンクにする方法】オロナインパックは黒ずみに効果ない?

更新日:

 

乳首の黒ずみが気になり始めた時は、どうにか市販品で改善できないのか?と調べていると「オロナイン」が出てきました。オロナインといえば、知らない人がいないんじゃないか?というぐらい一般的に普及していますよね。

 

そこで、オロナインが本当に乳首の黒ずみに効果があるのかを、すべての成分を調べ、徹底的に検証してみました。

 

オロナインでちくびの色が薄くなれば、簡単にドラックストアや薬局で購入できるので、手軽でいいですよね。

 

しかし、調べていくうちにこんな結果が…

 

まず、オロナインに乳首の黒ずみを消す効果がある成分が入っているのかを知るために、全成分を調べてみました。

 

オロナインに入っている全成分は?

オロナインの全成分

有効成分:クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%)

その他の成分:ラウロマクロゴール,ポリソルベート80,硫酸Al/K,マクロゴール,グリセリン,オリブ油,ステアリルアルコール,サラシミツロウ,ワセリン,自己乳化型ステアリン酸グリセリル,香料,精製水

 

オロナインの全成分を分析した結果

結論から先に申し上げると、オロナインには保湿効果がある「グリセリン」「オリブ油」などの保湿効果の高い成分が配合されていることが分かりました。

すが、乳首の黒ずみについては、黒ずみの原因になる物質(メラニン色素)の生成を抑制したり、排出したりする成分は全くもって配合されていませんでした。

結果、お肌を保護するために使う場合はいいのですが、乳首の黒ずみを消したい方が塗っても効果はありません。

むしろ、乳首は非常にデリケートな場所になるので、オロナインなどの刺激の強い成分を乳首などに使用するのはリスクが高いという結果となりました

 

 

オロナインの全成分の解析と効果

クロルヘキシジングルコン酸塩液抗菌作用及び殺菌効果があり、傷口などから入ったバイ菌などからお肌を守る働きをします。低刺激なのではあるが、粘膜、乳首、デリケートゾーンなどの肌が弱いところへの仕様は厳禁とされています。

ラウロマクロゴール合成界面活性剤になり、とても強い洗浄力を持っています。保湿剤としての役割もあります。

ポリソルベート80乳化剤としての役割で使われており、油と水を混ざりやすくする効果があります。

硫酸Al/K「ミョウバン」と呼ばれており、制汗剤、消臭剤、制菌剤としての効果を持っています。
マクロゴール皮膚を守る働きをしてくれます。(肌を保護する)
グリセリン吸水性が高く、肌にしっとりとした潤いを与えて、お肌へよく馴染むように感触などの調整剤として配合されております。

オリブ油オリーブの実を搾り油を抽出し精製したオリーブ油です。皮膚の保護剤として配合されています。

ステアリルアルコールお肌の保湿・保護・柔軟効果を持っております。敏感肌の方は注意する必要がある成分です。

サラシミツロウ軟膏のもととなる成分です。

ワセリンお肌の表面を覆うことで、水分が角質層から蒸発するのを防ぐ役割があります。

自己乳化型ステアリン酸グリセリル乳化剤の役割として配合されております。

香料香りを加えるために配合される成分です。

※成分表は上から順に含有量を多く含む順番に記載しております。
(配合量が1%以下の場合は順不同)

 

オロナインの成分から導き出した3つのポイント

肌を乾燥から守る成分は配合されている!

「オリブ油」「グリセリン」「ワセリン」など保湿効果の高い成分が、お肌の水分量をキープしたり、お肌の水分が蒸発するのを防ぎ潤いを持続させる成分です。

 

肌をバリアしてくれるので、乾燥や摩擦などの刺激からお肌を防御する働きがあります。

 

また「硫酸Al/K」(ミョウバン)は、制汗剤・消臭剤・制菌剤としての効果も高く、ムレなどからくる臭いなどの対策としても使うことができます。

 

乾燥肌への効果はあるがちくびの色はピンクにならない!

これまでオロナインの成分をご紹介したように、擦り傷や軽いやけどなどの殺菌作用、抗菌作用、保湿効果として使う分には効果が期待できるのですが、乳首の黒ずみに対して効果がある成分はイマイチ…

 

「ラウロマクロゴール」という成分は、とても強い力を持った洗浄作用があるので、皮膚が汚れて黒くなった黒ずみには効果があるようですが…

 

とても刺激が強い成分で、乳首、デリケートゾーン、粘膜などの非常にデリケートな部分に関しての使用は推奨されていません。

 

だいたい、乳首の黒ずみは、メラニン色素が肌に沈着することが原因になるので、予防・解消するには、以下に記載する4つの成分が全て入っていて初めて効果があります。

 

お肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進する成分

✅メラニン生成を抑制する成分

✅効果の高い美白成分

✅お肌の乾燥を防ぐ保湿成分

 

オロナインには、高保湿の成分は入っているのですが、最も重要な「美白成分」「メラニン生成を抑制する成分」が入っていないのです。

 

いくらオロナインを乳首に塗り続けたからといって、乳首の黒ずみが消えるとは言えません。

 

最も危険!お肌への負担が高い成分が配合!?

 

普通の乳首専用の黒ずみ解消クリームは、無添加で(香料・着色料・鉱物油・アルコール・パラペン・合成界面活性剤)はお肌に負担をかけるので、一切使用されていないのが特徴です。

 

ですが、オロナインにはお肌に負担をかける、これらの成分が配合されております。

 

成分名配合の有無
合成界面活性剤配合あり(ラウロマクロゴール)
着色料配合あり
パラペン配合なし
鉱物油配合あり(ワセリン)
アルコール配合あり(ステアリルアルコール)

 

実際に乾燥肌やアトピーの方が、皮膚の防御反応が弱っている場合に使うと、肌のかぶれの原因になる可能性もあるのです。

 

乳首の黒ずみは、お肌のターンオーバー(新陳代謝)の機能が正常に働いていない場合が多く、その状態で「ラウロマクロゴール」や上にあげた肌への負担が強い成分を使うと、黒ずみがさらに悪化する可能性も充分あるのです。

 

安易な考えで、乳首にオロナインを使うことはとても危険だと言えます。

 

実際に使用した方々の口コミにも、オロナインパックでは黒ずみの効果を得られなかったという口コミがほとんどでした。

 

また、オロナインの公式サイトの使用方法には

 

効果・効能
ひび、あかぎれ、しもやけ、切り傷、擦り傷、ニキビ、軽いやけど、水虫

 

など黒ずみに対して効果があるなどの記載は見当たりませんでした。

 

実際に皮膚科の医者である友人に聞いたのですが、オロナインは黒ずみには効果がないという回答でした。

 

では、ちくびをピンクにする方法はオロナイン以外にあるのでしょうか?

 

乳首の黒ずみを解消し、ちくびの色を薄くするクリームは?

 

ちくびの色を薄くしたい方は、やはり「乳首専用の美白クリーム」を使うことが一番の近道です。

 

乳首は非常にデリケートで、女性にとって非常に大事な部位なので、肌に負担をかける成分を使わずに、日本人の肌に合うように考えて作られた乳首専用のクリームを使うべきです。

 

黒ずみに対して高い効果を持っています!!!

 

黒ずみに対しては「メラニン生成を抑制」「美白成分配合」や無添加で、赤ちゃんでも使えるので、敏感肌の方でも乾燥肌の方でも安心して使えるようなクリームです。

 

お肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進し、保湿成分によって潤いのあるお肌へと導いてくれるので、乳首に黒ずみが出来にくくなります!

 

-ちくびをピンクにする方法

Copyright© 【ちくびをピンクにする方法】簡単にちくびの色を薄くするクリーム! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.